法人向けAdobe Creative Cloudグループ版の契約自動更新を止める方法(途中解約方法)

色々あって、WEBディレクションやコンテンツ制作などで使用していたPhotoShopやillustratorなどを解約することになりました。

こんにちは、ぶんちょう(@onion_za)です。現在、勤務先で法人向けAdobe Creative Cloudコンプリートプランのグループ版を年間契約で利用していて、次年度の更新はしないことになりました。ところが画面操作が分かりにくかったので記事にします。

 

法人向けAdobe Creative Cloudグループ版の契約自動更新を止める方法(途中解約方法)

Adobeから契約更新メールが来てしまった

さて、どうやって解約手続きすんのかなと思っていた矢先、アドビから「ご利用プランの更新のお知らせ」というメールが届きました。読んでみると自動更新となっているため、何も手続きをしないと次年度分の請求書が届いてしまうことに。

これはやばいってんで、自動更新を停止する手続きをしようとしたら、これが全然分からない。ググったりアドビのサイトを見ても、個人契約のAdobeCCの解約方法は書かれていますが法人契約のそれは書かれていません。

 

Creative Cloudグループ版の自動更新の停止方法(解約方法)

まず、Adobeアカウントへアクセスします。http://www.adobe.com/jp/account.html

ログインが出来たら、概要ページの「プランおよび製品」にある「プランを管理」をクリックします。

 

 

次に「プランの詳細」にある「グループの管理」をクリックします。

ユーザーの一覧が表示されますので、ライセンスを削除したいユーザーの右の方のバッテンをクリックします。

 

 

「このライセンスを管理」というポップアップが表示されます。「ライセンスを削除」を選択してOKボタンを押します。

この作業を行っても、契約期間満了までAdobe Creative Cloudを使用することができます。ちょうど契約が切れた日の翌日から使えなくなるだけです。

いったんAdobe IDの入力を求められるので、入力してログインボタンを押します。

先ほどの画面に戻りますが「状態」のところに有効期限の表示がされるようになりました。

操作は以上のようになり、複数のユーザーの契約更新を切りたい場合は同様の作業を繰り返します。

 

まとめ

繰り返しになりますが、上記の画面操作でライセンスの削除をしてもすぐに使えなくなることはありません。契約期間満了までは使うことができます。

あまり需要はないし、滅多に行うことでもありませんが、よかったら参考にして下さい。小ネタでした。

 

 

以上、最後までご覧下さり誠にありがとうございます。

-WEB関連, WEBのお仕事