紛失する前に試しておこう!「iPhoneを探す」と「Androidデバイスマネージャー」を比較してみた

2016/05/16

iPhoneを探す

以前に書いた記事「iPadを盗まれたけどiCloudを使って取り戻した件(「iPhoneを探す」操作方法)」が思いのほか好評だったため少し追加で調べました。

こんばんは、ぶんちょう(@onion_za)です。何を調べたのかというと、もしAndroidケータイが盗まれた場合に、iPhoneと同じように探し出すことができるかどうかです。

Sponsored Link

 

紛失する前に試しておこう!「iPhoneを探す」と「Androidデバイスマネージャー」を比較してみた

iPhoneやiPadではアップル純正の「iPhoneを探す」または「Find iPhone」というアプリがあります。このアプリを使用するとiPhoneやiPad、さらにMacBookまでも位置を知ることができます。なぜMacBookも探し出せるのかは分かりませんが。
この「iPhoneを探す」はアプリだけではなく、ブラウザ上でもiCloudの一機能として使うことができます。

Androidデバイスマネージャーとは

では果たして、アンドロイドに同じような機能があるのか。

結論から言えばあります。「Androidを探す」ではなく、「Androidデバイスマネージャー」と言います。

「iPhoneを探す」と同様にアプリ版とブラウザ版が用意されています。

ブラウザではhttp://www.android.com/devicemanagerを開いてGoogleアカウントにログインした状態アクセスすると、まず端末の現在地データがGoogleに送信されることを承認するダイアログボックスが表示され、承認するとそのアカウントで登録しているAndroid端末がすべて表示されます。
ちなみにAndroid端末側でも事前に設定をしておく必要がありますのでご注意下さい。

また、リモートで端末をロックできたり、データ消去できたり、はたまた音を鳴らしたりすることができるのも「iPhoneを探す」と共通しています。

「iPhoneを探す」と「Androidデバイスマネージャー」を比較してみた

目黒駅西口にある三菱東京UFJ銀行で、iPadmini RetinaとAndroidケータイを並べて、前者では「iPhoneを探す」を使い、後者では「Androidデバイスマネージャー」を使ってみました。屋外ではなく屋内での計測ですので多少はずれるはずですがどうなるでしょうか。

まず「iPhoneを探す」で試してみます。「iPhoneを探す」でApple IDを入力してログインします。

iPhoneを探す

地図が表示されて、iPhoneの位置も中央に表示されます。

「iPhoneを探す」で地図を表示
地図を拡大してみます。

「iPhoneを探す」で地図を表示
実際の位置から十数メートルずれてますが、まあまあ許容範囲です。これくらいなら置き忘れでも自分が立ち寄った店を思い出すなどすることができますので実用的です。実際これで追走劇をした私が言うので間違いないと思います。

次は「Androidデバイスマネージャー」のWEB版(https://www.google.com/android/devicemanager?hl=ja)で試してみます。ログインして…、

「Androidを探す」

まずは日本地図が表示されます。私の愛機、SH-01Fを探しています。

「Androidを探す」

自動的に拡大されて東京の地図が表示されました。中央の丸いところにあると言いたいのでしょうか。たしかにこの辺ですけどね。

「Androidを探す」

あんまりにおおざっぱなので地図を拡大してみます。これが精一杯か?わかんないよこれじゃ。確かにこの辺は品川区だけど、誤差1342m以内って。置き忘れをしたときに何区とか何駅とかまでは分かりそうですが、追跡なんて無理ですね。

「Androidを探す」

まとめ

位置情報を把握するという意味では「iPhoneを探す」の圧勝という結果です。

ただし「iPhoneを探す」のWEB版がMacOS又はiPhone・iPadのブラウザSafariからしか使えないのに対して、「Androidデバイスマネージャー」は特にブラウザを選びません。この違いは意外と重要です。

つまり、iPhoneでAndroidを探すことはできるけど、AndroidでiPhoneを探すことはできないのです。

ともあれiPhoneとAndroidの両方に言えることですが、端末を紛失して、あわてて電波を止めてしまうと上記のような方法は一切取れなくなります。もしケータイやiPadなどを紛失したことに気がついたら、あわてずパソコンやスマホを使って試してみて下さい。

-ハードウェア, iPad-iPhone
-