ドラえもんだらけの「藤子・F・不二雄展」に行ってきた

2017/01/05

「藤子・F・不二雄展」のドラえもん

東京タワーで開催されている生誕80周年記念「藤子・F・不二雄展」に行ってきました。ドラえもんをたっぷり触ってきましたよ。

開催期間は2013年7月19日~2013年10月6日でした。

ドラえもんでおなじみの「藤子・F・不二雄展」に行ってきた

こんにちは、ぶんちょう(@onion_za)です。

天気は曇り、とりあえず折りたたみ傘をカバンに入れて出発です。東京タワーなんぞ何年ぶりでしょう。雲が多いので展望台には上らないけど、、たしか水族館もあったなぁなどと思いながら大江戸線の赤羽橋を降ります。

東京タワーに到着

ちょっと歩くとどーんと東京タワーの参上です。

「藤子・F・不二雄展」in東京タワー

まあ近いだろうと地図も見ずなんとなく進んでみると東京タワーの駐車場へ到着。観光バスやはとバスが並んでます。んんむ、スカイツリーの登場で影が薄くなったであろう東京タワーにもまだまだ観光客がいらっしゃっているのね。とりあえず入り口の喫煙所で一服します。

近くにポスターがあったのでパシャリ。東京タワーの直下にある4階建ての建物フットタウンでやってます。

「藤子・F・不二雄展」ポスター

「藤子・F・不二雄展」を開催

等身大のドラえもんがお出迎え

フットタウンに入るとさっそくドラえもんのお出迎えです。たぶん等身大でわりと大きい。。

「藤子・F・不二雄展」のドラえもん

さあて行こうと思いますがエスカレーターやエレベーターがちょっと見当たりません。普通、こういうところって特に探さなくても矢印とか示してると思ったのですが。面倒だったので目の前にあった階段を上ります。

会場は4階ですなまあ歩くベ。。。と思いきや「藤子・F・不二雄展」の入り口は屋上とのこと。地味に疲れながら屋上に到着しました。古き良きデパートの屋上みたいな乗り物や懐かしいゲーム筐体がならんでいます。

東京タワーの屋上 東京タワーの屋上

上を見上げると東京タワーが。

東京タワーを見上げてみる

そして至る所にドラえもんがいます。たまらん。一体一体が異なった秘密道具を持っています。

「藤子・F・不二雄展」のドラえもん 「藤子・F・不二雄展」のドラえもん

「藤子・F・不二雄展」へご来場のお客様は左へお進みくださいとの看板。分かりました行きますと、ふともうひとつの看板を見ると、、、入場までの待ち時間は約1時間です。

「藤子・F・不二雄展」の混雑状況

なん。。だと。。まじかい。日曜の日中でたしかに人がたくさんいます。しかたないね。今回は家族と一緒に行ったのですが、とりあえず私が列に並ぶことにして、娘たちはその間どっかで遊んでおいてくれということにしました。

大量のドラえもんに遭遇

1時間くらいiPadでゲームしてりゃすぐだし。。と10分も並ぶともうチケットもぎりのお兄さんがいます。どうやら屋上にはドラえもんがたぶん60体くらい並んでいて、入場の列に並びながらそこでまずは戯れてちょうだいってことらしい。あわてて家族を呼び戻し、大量のドラえもんのなかに突入します。

もう写真撮りまくりです。

「藤子・F・不二雄展」のドラえもん 「藤子・F・不二雄展」のドラえもん 「藤子・F・不二雄展」のドラえもん 「藤子・F・不二雄展」のドラえもん

ちなみに屋上は写真取り放題で、4階の本展(一部を除く)は撮影禁止です。

いよいよ階段を降りて4階の会場へ向かいます。階段や通路には藤子・F・不二雄のイラストがいっぱい。

「藤子・F・不二雄展」のドラえもんイラスト 「藤子・F・不二雄展」の混雑状況

ドアの継ぎ目には、キテレツ大百科のキャラクター、コロ助とか。

「藤子・F・不二雄展」のキテレツ大百科コロ助

トイレのイラスト(ピクトグラム)も、男子トイレはキテレツ大百科、女子トイレはしずかちゃんです。こういうのはもはやベタかもしれませんがうれしいもんです。

「藤子・F・不二雄展」のピクトグラム 「藤子・F・不二雄展」のトイレのピクトグラム 「藤子・F・不二雄展」のトイレのピクトグラム

でも、だいぶ並びます。

「藤子・F・不二雄展」の混雑状況

娘もなぜか持ってきたドラえもんの第一巻を読みながら待っています。英才教育が少しずつ効いてきたようです。

「藤子・F・不二雄展」の混雑状況

地味なところにツチノコが。。

「藤子・F・不二雄展」でツチノコ発見

4階の通路で並んでいると、東京タワーに関連した漫画のカットがあちらこちらに。ドラえもんとオバQですな。

「藤子・F・不二雄展」の漫画カット 「藤子・F・不二雄展」のオバキューのイラスト

ようやく会場の入り口付近まで来ました。巨大なガチャガチャがあります。藤子・F・不二雄展、藤子・F・不二雄ミュージアム限定オリジナルガシャポンです。帰りにやってこっと。

「藤子・F・不二雄展」の限定ドラえもんガシャポン

「藤子・F・不二雄展」に入場です!

やっと本当に会場の入り口です。キャラクターみなさんがお出迎えしています。ここからはしばらく撮影禁止です。

「藤子・F・不二雄展」の入り口

会場に入ると、藤子・F・不二雄先生の愛用のパイプや筆記用具などが展示されています。その先はSFシアター(だっけな?)という部屋に通されます。SFというとサイエンスフィクションの略ですが、ここでは「すこし不思議」の捉え方として描かれています。その部屋の演目は・・・あえてここでは書きませんが、個人的には「すげぇ」の一言。制作者やスタッフの気合いの入り方が感じられました。

その先には藤子・F・不二雄先生の原画や愛用のグッズが多数陳列されています。トレードマークともいえるベレー帽もあります。また藤子不二雄のお二人による合作ペンネーム「手塚不二雄」による手書きの同人誌もありました。表紙や目次、漫画だけでなく読み物も手書きで描かれていて、広告まであります。

ちなみに藤子不二雄の名が生まれる前のペンネームは足塚不二雄でした。さらにその前に手塚不二雄という名義を使っていたものの、『手塚先生の足にも及ばない』事でこの名義が生まれたのだそうです。詳しくはトキワ荘や漫画道をご参照ください。

それら原画ブースを出ると「なりきりスタジオ」なる部屋へ。ここはのび太の部屋や、台詞吹き出しのセットがいくつか並んでいて藤子・F・不二雄の世界に入れるようなコンセプト。もちろん写真撮影OKです。一番人気はやはりのび太の部屋でまた1時間待ちですが、タイムマシンから戻ってきたような引き出しから顔を出した写真が撮れます。大人も子供も大はしゃぎです。

「藤子・F・不二雄展」のドラえもんの引き出し机

またまた、たくさんのキャラクターのイラストがあります。

「藤子・F・不二雄展」のキャラクター一覧

ゴンスケかわいいよゴンスケ。

「藤子・F・不二雄展」のゴンスケのイラスト

ここを出るとまた撮影禁止となりますが、生誕80周年記念を祝った著名人からの色紙が並んでます。鳥山明や里中満智子などの漫画家さんから、ゴールデンボンバーやPerfume、HYDEなどからも寄稿されています。これがけっこう圧巻です。

限定オリジナルグッズ

最後に物販コーナーがあります。アニメショップによく並んでいるようなものから「藤子・F・不二雄展」の限定グッズも多数販売しています。見てると欲しくなるので軽く回るだけにしました。ていうか写真撮り忘れました。

さらに隣にはドラえもんにちなんだお菓子などが売られています。定番のどらやきや、巨大なメロンパン、ドラミちゃんクッキーなどなど。一番のお気に入りは暗記パンを模したラスクです。

「藤子・F・不二雄展」のドラえもんグッズ「ドラミジャンボメロンパン」 「藤子・F・不二雄展」のドラえもんグッズ 「藤子・F・不二雄展」のドラえもんグッズ 「藤子・F・不二雄展」のドラえもんグッズ「暗記パンラスク」

文字が逆になってて萌える。。ちょっとしたテーブルが並んでいてその場で食べれるような場所があります。どら焼きアイスをいただきました。外はどら焼きの皮で、中身はチョコアイスです。妙にうまいです。

「藤子・F・不二雄展」のドラえもんどら焼きアイス

帰り道はやっぱり階段ですが、ボードにはスネ夫が。

「藤子・F・不二雄展」のドラえもんイラスト

 

まとめ

感想としては、結構楽しめました。80体以上のドラえもんが随所にあって、大人も子供も見て触って遊べるようになっており、ファンでなくともお値段以上(大人1500円)に楽しめると思います。また、あまり広くない会場をどうにか良い空間にしようというスタッフの努力を感じました。

個人的にはマイフェイバリットな21エモンがもっと展示されてたら119点でしたが。開催は来月までですのでまだの方は是非行ってみてはいかがでしょうか。

「川崎市 藤子・F・不二雄ミュージアム」も2周年を迎えて少し落ち着いてきたようです。当日入場はさすがに無理ですが、1,2週間前なら前売り券が買えそうですので是非行ってみたいなと思います。

藤子・F・不二雄の生誕80周年記念

データ

■藤子・F・不二雄展:住所アクセス

東京都港区芝公園4-2-8
●大江戸線 赤羽橋駅 / 赤羽橋口 徒歩5分  ●日比谷線 神谷町駅 / 1番出口 徒歩7分  ●三田線 御成門駅 / A1番出口 徒歩6分
●浅草線 大門駅 / A6番出口 徒歩10分   ●JR浜松町駅 / 北口 徒歩15分

■藤子・F・不二雄展:WEBサイト

【サイト閉鎖】http://www.fujiko-f80.com/tokyotower/index.html

■藤子・F・不二雄展:地図

-子育て, お出かけ・家族旅行, アニメ・キャラクター
-