水族館と遊園地が楽しめる!横浜八景島シーパラダイスへ行ってきた(後編)

2016/12/07

というわけで後編です。「水族館と遊園地が楽しめる!横浜八景島シーパラダイスへ行ってきた(前編)」では、横浜八景島シーパラダイス周辺のホテル選びの落とし穴についてと、初日に八景島シーパラダイスの水族館だけ遊んで、あとはホテルのパティシエ体験で終わりました。

今日は丸一日使って八景島シーパラダイスで遊びます。

Sponsored Link

 

水族館と遊園地が楽しめる!横浜八景島シーパラダイスへ行ってきた(後編)

朝ご飯はホテルバイキング

宿泊したホテルファミールの朝ご飯はバイキング形式でした。ディナーよりかはチープにはなりますが、和食洋食一通りありますのでありがたいです。食べ過ぎちゃいました。食事が終わったらさっそく八景島へ向かいます!

ホテルファミールの朝ご飯

 

 

横浜八景島シーパラダイスに到着

今日はワンデーパスがあるので遊び放題です。昨日は下見のようなもんだったので今日はガッチリ遊びます。

シーパラにはジェットコースター的な乗り物もありますが身長制限のため娘が乗れません。 乗り物関係で遊ぶなら身長は110cm以上は必要となります。なので魚とか海獣とかでいかに遊べるかがポイント。

横浜八景島シーパラダイスの身長測定板

まず、まともに歩いてたらスグ日が暮れますので、島の入り口で島内周遊バスに乗車します。乗車料金100円ですがワンデーパスを持っていれば無料です。

島内周遊バスの時刻表はこちらです。

横浜八景島シーパラダイスの園内周遊バス時刻表

島内周遊バスは少しコンパクトで、木目調がレトロ可愛い感じ。

横浜八景島シーパラダイスの園内周遊バス

本日の基本方針といたしましては、八景島の奥から手前に向けて遊び尽くす所存にございます。もう一度、八景島のマップを貼っておきます。

横浜八景島シーパラダイスのアクセスマップ

by カエレバ

 

ふれあいラグーンでシロイルカと戯れる

周遊バスを使って島の東西側にある「ふれあいラグーン」に到着です。

横浜八景島シーパラダイスのふれあいラグーン

イルカや鯨といった海の動物と接近できる「ふれあいプログラム」がたくさんあります。

  1. コミュニケーションプログラム

    イルカ又はシロイルカと握手したり、サインを出してジャンプさせたりすることができる。 (事前予約:必要。 条件:小学校1年生以上であること。また小学生は親の同伴必要)

  2. およごうプログラム

    ウェットスーツを着て、シロイルカ・イルカ・クジラと一緒に泳いで遊べる。 (事前予約:必要。 条件:小学校5年生以上かつ25m泳げること。また小学生は親の同伴必要)

  3. ガイドプログラム

    飼育トレーナーと一緒に、海の生きものたちの生活空間を冒険する体験プログラム。 (事前予約:不要。当日予約のみ。 条件:特になし。ただし9歳未満は親の同伴必要)

 

で、入場してみたものの段取りが分からずボケーっとしてると、なんか始まりそうな雰囲気でしたのでとりいそぎオープン水槽の方に行ってみます。

シロイルカです。ああ白い。私にはエヴァンゲリオン量産型にしか見えませんがおかしいですか。

横浜八景島シーパラダイスのふれあいラグーンにいるシロイルカ

調子に乗ったシロイルカがじゃんじゃん水をかけてきます。みんなびしょ濡れで子供大騒ぎ。嫁はシロイルカの魅力にとりつかれ「シロイルカのガイドプログラム行きたいんだぜ?」とのこと。だがしかしシロイルカのガイドプログラムは本日分予約で満杯。まだ昼前なんだぜ? ということで、教訓を一言。

やってみたい「ふれあいラグーン」のプログラムがあったら朝一で予約すべし。

とりあえずイルカのガイドプログラムは予約できたので、別の施設で遊んで待つこととします。

by カエレバ

 

お昼ご飯

ちょっと早いですがランチです。ていうか朝食べ過ぎたのでオヤツです。シーパラの入り口付近にジャンクフードエリアがあります。娘はソフトクリーム、私はビールです。唐揚げとかつまみましたがデパートの屋上レベル。正直、美味しくないです。

シートレインに乗車

園内を走る汽車っぽい乗り物シートレインに乗車します。島内周遊バスほど広範囲には走ってくれませんが、これも一日券を持っていれば無料です。シーパラの入り口付近から水族館近くまで乗せてもらいます。

横浜八景島シーパラダイスの園内周遊電車シートレイン

シートレインの運転席は普通に自動車なのでスピードメーターは160km/hまで書かれてます。ぜひ全力で爆走して頂きたい。

横浜八景島シーパラダイスのシートレイン

 

ドルフィンファンタジー

水族館とは別の建物でイルカとマンボウが観れるらしい。行ってみます。入るといきなりトンネル上の水槽になっています。イルカさん、めちゃんこ泳いでます。

横浜八景島シーパラダイスのドルフィンファンタジー

イルカを下から見上げるというのも意外と珍しい。

横浜八景島シーパラダイスのドルフィンファンタジー

マンボウさんです。でかいです。身体全体がホルマリン漬けのようで、ちょいとブチャイクです。

横浜八景島シーパラダイスのドルフィンファンタジーにいるマンボウ

うみファームで魚釣り

出来たばかりの新施設「うみファーム」へ行ってみます。別料金ですがいくらか忘れました。一人数百円くらい? ここでは魚の手づかみか釣りのどちらかができます。手づかみが混んでいたので釣りにします。 横浜八景島シーパラダイスのうみファーム

釣り場は、釣り堀というより養殖場のようになっていて、釣った魚を食べることができます。

正確に言うと「釣った魚は、全て魚代金を払って買い取り、食べなければなりません」。キャッチアンドリリースは厳禁です。

一匹数百円ですが調子に乗って釣りすぎると大変なことになります。幸い、このときはアジしかいませんでしたがタイミングが良ければ?鯛とかもいるらしいです。

釣具やバケツのレンタル、エサ(練り餌)などは全て料金に含まれています。

横浜八景島シーパラダイスのうみファームで魚釣り

で、簡単に釣れます。生け簀の端っこの暗いところに針を落とすと面白い様にすぐ釣れます。時間と予算と腹具合から三匹だけ釣りました(写真は二匹ですが)。

横浜八景島シーパラダイスのうみファームで釣れた魚

釣った魚を近くのプレハブに持って行くと、その場で三枚に下ろしてフライにしてくれます。

横浜八景島シーパラダイスの海ファームで釣った魚を料理して食べる

カメラに気づいた調理場のお兄さんが魚を片手にポーズを決めてくれました。

横浜八景島シーパラダイスのうみファームの調理室

出来上がり。これがガチに旨い。釣りたての揚げたてです。

子供に「自分でさっき釣った魚を食べてるんだよ」なんて説教じみた話もできます。まさに「食育」ができるってわけです。

横浜八景島シーパラダイスの海ファームで食べる揚げたてフライ

 

ふれあいラグーンに戻る

体験プログラム「イルカとあくしゅ」

ようやく時間になりましたのでイルカのウォーキングツアーに参加します。料金は一人500円位。だがしかし、カメラ持ち込み禁止です。理由は水槽の間近まで行くので、もし水槽に落としてイルカが食べたら大変だってことらしい。カメラだけでなく手荷物全てを無料ロッカーに預けて挑みます。

飼育員さんに連れられて、一般の人は立ち入ることの出来ない水槽へ行きます。イルカさん、すんごい近くで見ると傷だらけだよ。でも子供は楽しそうです。飼育員さんの説明通りに手を挙げるとイルカがマッハで遠くまで泳いでジャンプして戻ってきたりします。イルカさんといっしょの写真を撮ってもらい、1000円でお買い上げです。これは買わないわけにはいかんよ。

八景島シーパラダイスのイルカと握手

体験プログラム「ウォーキングツアー」

こっちはセイウチやペンギン、アザラシの展示エリアの中に入って餌をあげたりできるとか。段取りは同じでカメラ持ち込み禁止なので画像ありません。

まず最初はセイウチさんです。おもむろに飼育員さんが「私が合図したら、みなさん冷静に落ち着いて逃げて下さいね」だと。意味わかんね。

檻に入るとセイウチさんは遠くにいらっしゃいます。私たちに気付くと少しずつ近づいてきます。するとスゴイ勢いでこっちに走ってきました。セイウチさん足早いの。飼育員さんは笑顔で(目はマジ)「はぁい逃げて下さい」と檻の外へ逃げます。セイウチさん、檻の隙間からこっちを見て「ごおぉ、ごぉお」と言ってます。遊びたいっぽいんですが。

セイウチのヒゲを触ったりして次はアザラシさんです。アザラシに餌(生魚)を揚げたり、ペンギンの檻でペンギンと記念撮影(やはり買わされた)とか。

八景島シーパラダイスの記念写真

水族館アクアミュージアム(二度目)

昨日は駆け足だったのでもう一度観たいとのことで水族館アクアミュージアムへ入ります。

横浜八景島シーパラダイスの水族館アクアミュージアム

すっかり夜になりましたが、シーパラのレストランはなんか気が進みません。バーベキューとか食べ放題とかが目に付きます。メリーゴーランドに乗って、ホテルに戻って鉄板焼き屋さんでディナーです。

横浜八景島シーパラダイスのメリーゴーラウンド

まとめ

今まで行った水族館のなかで一番満足できました。

理由は・・・

(1)体験プログラムが多くて充実している
(2)魚釣りができて、さらに自分で釣った魚が食べれる
(3)水族館の規模が大きく、ステージイベントもよく考えられていて出演者(海獣ですが)が多い
(4)お魚に飽きたら遊園地で遊べる

といったところ。鴨川シーワールドや江ノ島水族館よりも個人的にはオススメです。大きなお子さんがいれば乗り物も乗れるのでさらに楽しめることでしょう。 園内のちゃんとしたレストランで食べてませんので一概には言えませんが、食事が観光地価格かつ美味しくなかったのはやむを得ないかな。。

データ

住所等:

横浜市金沢区八景島 045-788-8888(テレフォンインフォメーション)

営業時間等:

年中無休 10:00〜18:00(繁忙期は9:00〜20:00など変動あり)

公式サイト:

トップページ http://www.seaparadise.co.jp/

ふれあいラグーン予約ページ http://seaparadise.bookgo.jp/?siteid=200

 

 

以上、最後までご覧下さり誠にありがとうございます。ほかにもお出かけ記事がたくさんありますので、どうぞごゆっくり!

-子育て, お出かけ・家族旅行
-, , ,