原付バイクで東京から伊勢神宮まで一人旅をしてみた「三日目」(3/4)

2016/08/17

お伊勢様の赤福本店

東京からバイクで伊勢神宮へ一人旅して三日目です。伊勢のビジネスホテルで9時に起床。昨日行けなかった内宮の参道へ直行します。天気は快晴。

昨日についてはこちらです。昨日は外宮から内宮をお参りしたのですが、何も名物を食べることができずお土産も買えずだったので、急遽伊勢で一泊しました。


Sponsored Link

原付バイクで東京から伊勢神宮まで一人旅をしてみた「三日目」(3/4)

伊勢神宮のおかげ横町で食べ歩き

朝10時前に到着しましたが駐車場が既に混んでます。参道にも人がたくさんいます。みんな早起きかい?とりあえず赤福本店で赤福を食べます。わくわく。

赤福本店の奥は古民家のような座敷になっていて、そこでいただきました。もちろん席料などはかかりません。

伊勢神宮の赤福本店で食事 この簡素で落ち着いた雰囲気がいい感じです。伊勢神宮の赤福本店で食事

赤福本店でいただいた赤福は、アンコ好きのわたしにはもうたまらんたまらん。心なしか名古屋駅などのお土産屋さんで買って食べた赤福よりもしっとりもっちりしています。

ちなみに「水曜どうでしょう」のサイコロ4で、ミスターが赤福3皿を食べたのはココです

水曜どうでしょうのミスター

伊勢神宮の赤福本店で食事

by カエレバ

 

サービスで出していただいた焙じ茶も香り高くて美味しかったです。この釜でお茶を焙じていました。

伊勢神宮の赤福本店で食事

 

ぷらぷらとおかげ横町を歩きます。

聞いた話だと、伊勢神宮よりも、むしろこのおかげ横町が目当ての観光客が多いとのこと。どうやら有名らしい伊勢うどんも食べてみます。お店の名前は「ふくすけ」です。福助?

伊勢うどんの名店「福助」

伊勢うどんは、いわゆるぶっかけうどんでした。太麺でもっちりふんわりした食感でめちゃめちゃ旨い。伊勢うどんは、お伊勢参りで疲れた人に振る舞う料理だったため、消化に良いようにあえて茹で時間を長くして柔らかいうどんを提供したのがルーツなんだそうです。お土産に買っていくことにしました。

伊勢うどんの名店「福助」

「伊勢うどんの美味しいお召し上がり方」
伊勢うどんを食べ終わりますと最後に少量のおつゆが残ります。そのおつゆを残さずに飲み干していただきますと伊勢うどんの味をより一層引き立たせ深みのある味をお楽しみ頂けます。
ふくすけ

伊勢うどんの美味しい食べ方

by カエレバ

おかげ横町にはたくさんのお店や射的などの遊技もありました。

伊勢神宮のおかげ横町

時間の都合中には入れませんでしたが、おかげ座「神話の館」では日本神話についての演目をやっているとのことです。

伊勢神宮のおかげ横町

松坂牛の串焼きも魅力的でしたが、赤福と伊勢うどんに満たされた胃には入らずでした。実家と親類にお土産を買って、またぶらぶらします。

ちなみにここで一番大きなお土産屋さんでお土産を買ったのですが、クレジットカードが一切使えないので注意が必要です。もし手持ちがなければ近くのファミリーマートのATMも使えます。

予算の都合で買えませんでしたが味見させてもらったところサメが美味しかったです。サメは内宮にも献上されているとのこと。

あと宝くじ売り場がありましたのでロト6を購入しました。番号は運任せのクイックピック(自動判定)。近くのカエルに乗せてお願いをすると宝くじが当たるそうです。どうか、、2等でいいので当たりますように。

<後日追記>鮮やかにハズレました…

伊勢神宮のおかげ横町の宝くじ売り場

このカエル「福かえる」に宝くじを乗せると当たるはずだったのですが。

伊勢神宮のおかげ横町の宝くじ売り場

仕上げに、また赤福本店に戻って、赤福氷をいただきました。

赤福本店の赤福氷

赤福氷は、抹茶かき氷の中にアンコとお餅が入ってます。アンコ連投でしたがペロリといただきました。少し並びましたが待った甲斐はあります(確信)。

赤福のかき氷

もうね、ほんとうに旨いの。

帰り道、天岩戸へ寄り道

内宮の駐車場に戻って時間は12時半、トリップメーターは413km。

帰りがてら比較的近くにある「天の岩戸(あまのいわと)」へ立ち寄ることにしました。天岩戸といえば日本神話にも出てくる、天照大神とも関連があるところ。厳密にはどこなのか定まっておらず日本各地にあるそうですがついでなので。GoogleMAPには場所が超適当にしか書かれてないので慎重に山道を進んでようやく見つけました。

伊勢の天岩戸伊勢の天岩戸

駐車場にバイクをとめてここからは徒歩です。大変暑い日でしたが風が気持ちいいです。小さな滝がありました。ここでみそぎをするようです。

伊勢の天岩戸

すごく、みそぎしたくなる雰囲気です。

伊勢の天岩戸

ようやくお社のようなものが見えてきました。説明書きによるとここの水は名水百選に選ばれているとのこと。なのに生水は飲んじゃダメとも。なんでやねんと自己責任で飲んでみました。非常に冷たく、まろやかな軟水でした。これは美味しいです。

伊勢の天岩戸

なんという質素かつ神々しいお社。

伊勢の天岩戸

この竹から湧水が流れてきています。

伊勢の天岩戸

名水百選として指定を受けているとのこと。なのに生水で呑むことはお控え下さいというお達しです。

伊勢の天岩戸(恵利原の水穴)

近くには石段があって「風穴はコチラ」みたいな。行ってみました。手は入れられてますが普通に山道です。

伊勢の天岩戸で迷子

途中、また蚊にさされながら、まだかいなと思った頃に小さい看板で風穴200m先って看板が転がってます。これ信用していいのか。。。

伊勢の天岩戸の看板

そうこう歩いているうちに冷たい風が上の方から来ているのを感じました。あ、このへんかな、、到着です。

しめ縄と賽銭箱はあるもののあとは穴だけ。伊勢神宮といい、三重の神道文化はシンプルさを追求してるんだろうか。。

伊勢の天岩戸の風穴

風穴の中からは冷たい風が吹いてきます。嗚呼さわやか。神秘的なものは正直感じませんでしたが、丁重に祀られている印象があります。山の神様にお祈りしました。

伊勢の天岩戸の風穴

 

鳥羽の伊勢湾フェリー乗り場に向かう

天岩戸の駐車場に戻って時間は14時近くです。もういいかげん帰らなきゃ。鳥羽の伊勢湾フェリー乗り場へ急ぎます。

途中で変な店もありましたので写真一枚撮ってみました。全国、どこにいってもこういう店がありますが、ちょっと舟がガチ大きすぎ。。

伊勢のお土産センター

14時20分頃に鳥羽のフェリー乗り場に着いたら、伊良湖行きのフェリーはちょうど出たところでした。。。1時間ほど待ちます。本日の時刻表をパシャリ。

鳥羽のフェリー乗り場

上船待ち駐車場にバイクを止めて、ちょっとお散歩してみます。

伊勢湾フェリーの駐車場

待合所に売店がありましたので探索します。

あやしいドリンクを発見しました。「忍ジャーエール」です。ジンジャーエールの駄洒落?三重県=伊賀=忍者か。くだらんが俺は支持する。

忍ジャーエール(忍者エール)

喉も乾いたので飲んでみます。んー普通。ちょっと水が良いかな。。行きつけの飲み屋でよく飲む焼酎「金宮」の冷凍パックが売っていましたのでお土産に買っていきます。

忍ジャーエール(忍者エール)

by カエレバ

 

やっと伊勢湾フェリーに乗船です。係員の方がバイクを固定してくれてます。毛布の上からぎゅっぎゅっと。だいぶ揺れますからな。

伊勢湾フェリーに乗船

来たときの船と外見はそっくりですが、船内のレイアウトがだいぶ違います。後ろの方が三等船室みたいなゴロ寝できそうな感じ。寝たら起きれないなこれ。無駄に船内をぐるぐる歩いて回ります。1時間ほどで愛知県に到着しました。

伊勢湾フェリーの船内 人生二回目となるバイクとのフェリーの旅。いい天気。伊勢湾フェリーからの眺め

ちなみに当然と言えば当然なのですが、船上でGooglemapを見てみますと、、思いっきり海の上です。(まんなかの青い点が現在地)

伊勢湾フェリーの場所

 

伊勢湾フェリーから下りて愛知県の国道1号線をひた走る

伊勢湾フェリーから降りました。愛知県伊良湖に到着です。時間は16時半、トリップメーターは446km。

バイク一人旅、愛知に到着

伊良湖岬から見る夕日がきれいです。さあここからまた走破してどこまで行けることやら。

伊勢湾の眺め

私が乗っているのは原付二種バイクなので高速道路や有料道路が使えません。ひたすら国道1号線を目指してぶーんと走ります。

バイク一人旅の帰り道

浜松まで56kmという標識が現れますが、土地勘がないのでさっぱり分かりません。つーか静岡県ってデカすぎ。

バイク一人旅の帰り道

17時半頃、給油したあたりで浜名湖が見えました。来るときには真っ暗で見えませんでしたが、今度は夕日が出ていましたのでちょっとだけ降りて写真撮ってみました。素敵じゃね?

バイク一人旅、浜名湖の夕日

んーこれが湖かい。でかい。

バイク一人旅、浜名湖の夕日

ここでトリップメーターは506km。ぜんぜん進んでません。。。ホテルが取れなくなるであろう20時位までにどこまで行けるか。。ひたすら走ります。

しっかし、どこ行ってもそうですが軽トラックの邪魔なこと。遅いだけじゃなくて異様にフラフラ走ってるから追い越しもできずイライラします。

静岡駅に到着

すっかり夜になって、適当な都市はどこかいなと調べたら静岡駅が近そう。

もう1時間くらい走ろうかしらと思っていると静岡市街の向こう側あたりにピカピカ稲光が見えます。やばい調子に乗ってたらあかんわ、とりあえず静岡駅に来てみました。

バイク一人旅の帰り道、静岡駅

トリップメーターはちょうど600km。

バイク一人旅の帰り道、静岡駅

 

一人旅、三日目のホテル選び

静岡駅前で恒例のホテル探しです。まー伊勢と比べたら圧倒的に大都市だし、ホテルの数もあってぼちぼち空いてるでしょと高をくくっていたら大間違い。

ネットで調べまくり電話かけまくりですがぜんっぜん空いてません。くそと手がすべってiPadが落下。縁石の角へぶつかり、ガラス割れちゃいました。泣きそう。

iPadminiが落下して破損した

ちなみにこのiPadの修理についても記事を書いてみました。新品になってラッキーでした。

 

で、ようやくツインの部屋を一人で使うってならいいすよとホテルを予約できました。静岡第一ホテルです。7000円と割高ですがもうなんでもいいです。

ビジネスホテル静岡第一ホテル

繁華街が北口にあるのですが、ホテルは南口。遊びに来たんじゃないんでいいですよとチェックインしました。

バイク一人旅、静岡に宿泊

 

静岡で晩ご飯。ただし名物料理はない。

静岡駅近くのホテルに荷物を置いてメシの時間です。

ビールが飲める、とフロントで飲食店を聞いたら周りになんにもなし。繁華街の方に行ってくれだって。えー歩くのー。実際に周りを見渡してもオフィスビルはあれど飲食店がでんでんない。静岡ってそんな小さい町なんすか。ガードをくぐって繁華街の入り口に来ましたが、店を探す気力もなく一番近くにあったところへ入店。小じゃれた個室風居酒屋ですが、たぶんチェーン店。いいんです。ビールと冷やしトマトを注文。あーうまい。

静岡名物の黒おでんは食べなかった

名物料理、静岡おでんもありましたが1000円以上という金額にどん引き。

いいです。トマトとビールがあれば。写真のチェックをしながら2、3杯飲んでローソンで弁当とお酒を買ってホテルへ戻りました。お酒を冷やしておこうと冷蔵庫を見たら「この冷蔵庫は冷却能力がありません」との注意書きにビックリ。んなアホな。テレビを見ながら寝落ちした私でした。

次のページ:→原付バイクで東京から伊勢神宮まで一人旅をしてみた「四日目」最終日(4/4)へ続く

 

-40代のチャレンジ, バイク, 一人旅, 日本を知る
-,