WEB関連 WordPress 無料SEO対策

GoogleのブラウザChromeで、Flashの自動再生がされなくなるポリシー変更の影響と対策

google-chrome_001

Google先生から、ブラウザ「Chrome」の仕様変更を本日2015年9月1日に実施するとのアナウンスがありました。
https://plus.google.com/+GoogleAds/posts/2PmwKinJ7nj

 

GoogleのブラウザChromeで、Flashの自動再生がされなくなるポリシー変更の影響と対策

影響を受けるサイトコンテンツ

自動再生がオンで作成されたFlashコンテンツ(動画・アニメーション)が、自動再生されない。或いは再生中に自動停止する。
という現象が起こる場合があります。

原因は、従来のChromeの初期設定では「プラグインコンテンツをすべて実行する」がデフォルトでしたが、ポリシー変更により今後は「重要なプラグインコンテンツを検出して実行する」がデフォルトとなるためです。

要は、無駄に重い広告は表示しませんよ。という仕様変更です。

例えば、Yahoo!トップの画面右上にあるレクタングルバナーは、現時点もFlashコンテンツ(サイズはヨコ350×タテ240)を使用しています。このポリシー変更の影響を受けた状態で表示するとこうなります。

google-chrome_004

ここにバナーを貼るにはとんでもない広告費用がかかっているのですが、、、こんなんじゃ残念ですね。

 

「Flash広告の自動再生停止」は、Chromeブラウザにおいて、 特定の条件のFlashコンテンツについて、ページ表示時に、Flashの自動再生をブラウザ側で自動的に停止するものです。

ここで言う、Flashの自動再生とは、アニメーションや動画の自動再生だけでなく、Flashが、表示時に、なんらかの内部処理(表示を実行するためにサーバと通信するなど)を実行しようとするもの全般になります。

 

対象となるChromeブラウザ

PC版・Android版のChromeバージョン42以降(今年6月頃に配布されたやつ)
※ちなみに現在の最新バージョンは44です。

今後新たにChromeを使い始める場合に、デフォルトで「重要なプラグインコンテンツを検出して実行する」がオンになった状態となります。

ポリシー変更の理由

CPUやバッテリーの過剰な消費を抑え、表示スピードを向上させるために今回このようなポリシー変更に至ったそうです。
https://plus.google.com/+GoogleAds/posts/UQSBzWiMpEG?e=-RedirectToSandbox

Flashコンテンツの対策

Chromeのブラウザ設定を変更する

まず、Chromeの設定を変更するのが一番早いは早いです。
設定方法は、Chromeのメニュー「設定」→画面最下部「詳細設定を表示…」→プライバシー「コンテンツの設定」ボタン→プラグイン「プラグインコンテンツをすべて実行する」を選択です。

google-chrome_003

 

コンテンツを変換する

現時点、Googleが対象となるFlashコンテンツ仕様を開示していません。
GoogleとしてはFlashコンテンツではなく、HTML5コンテンツに切り替えてちょうだいと行っています。

Googleの提供するオンラインツールはこちらです。

また、当方調べによると、Flashコンテンツのなかでも「縦:300 px 以下」 または、「横:400px 以下」の場合、
このポリシー変更の影響を受けて、Flash表示時に途中で自動停止することが多いようです。

ちなみにAdWordsにアップロードされたほとんどのFlash広告は自動的にHTML5に変換されます。
https://support.google.com/adwordspolicy/answer/176108#Flash_ad_HTML5_ad
https://support.google.com/adwords/answer/6249073

 

まとめ

WEB屋さんにはわりと重大な仕様変更ですね。よろしかったら、はてぶ・シェアお願いします。


Amazonレビュー iPad-iPhone スマートフォン

2020/5/6

PUBGモバイルなどのゲームと、Discordなどのボイスチャットアプリを併用する方法が分かったよ

音声ミキサーやパソコンを使わずに、PUBGモバイルの音を聞きながらDiscordなどのボイスチャットアプリで仲間と話せる方法をご紹介します。その解決方法は、意外なイヤホンを使うというものでした。 PUBGモバイルが楽しすぎて5シーズン連続でエースランクを取り続け、次シーズンこそ征服者になってみようと頑張っていますが、一つだけ悩みがありました。それはPUBGモバイルとDiscordを併用すると、PUBGモバイルの音声がモノラルで聞こえてしまうことでした。

続きを読む

ハードウェア Amazonレビュー iPad-iPhone オーディオビジュアル スマートフォン ナイスアイテム ライフハック

2020/2/26

バイクヘルメットに簡単取り付けでき、音楽が聴けるBluetooth5.0対応ヘッドセットを試してみたレビュー話

バイクを改造せずに音楽を楽しむ方法をご紹介します。以前書いた記事では、バイク用ヘルメットにBluetoothヘッドセットを仕込み、通話ではなく音楽を楽しむ方法をご紹介してました。ややニッチなネタではありましたが大変好評を頂きました。 今回はBluetooth5.0対応のバイク用ヘッドセットを購入しまして、実際に使ってみましたので前モデルとの違いなどを交えてレビューさせて頂きます。

続きを読む

ハードウェア iPad-iPhone mac スマートフォン

2020/2/11

Apple iPadがワイヤレス外部ディスプレイになってミラーリングも出来ちゃうMacOS標準機能Sidecarが凄すぎる件

MacOS X 10.15.x Catalina(カタリナ)以降を搭載したMacと、最新のiPad OSを搭載したiPadシリーズがあると、MacOS標準機能であるSidecar(サイドカー)を使用することができます。 Sidecarは、AirPlayディスプレイ機能を使ってiPadを外部モニターとして使用可能にする機能です。有線接続でも無線でも使用することができます。 Catalinaは不具合が多いと言われていて、アップデートを躊躇していたのですが、Sidecarを使ってみたら禿げ上がるほど便利だったの …

続きを読む

ハードウェア Amazonレビュー iPad-iPhone オーディオビジュアル スマートフォン

2019/12/20

Appleの最新ワイヤレスイヤホンAirPods Proを買ったから使用感レビューと、iPhone・iPad・Macbook・Androidの切り替え方法だよ

この記事では、Appleから発売されたBluetoothワイヤレスイヤホン「AirPods Pro」の音質・使用感レビューとともに、ペアリング方法やiPhone・iPad・Macbook・Androidスマホとの兼用するための切り替え方法をご紹介します。 そもそもApple製品ではないAndroidスマホ・タブレットでもAirPods Proは使えるのでしょうか。たぶんできるだろうと何も調べず買ってしまったわけですが、結論から言うと可能でした。 今のご時世、複数の携帯端末をお持ちの方も多いと思いますので是 …

続きを読む

Amazonレビュー iPad-iPhone スマートフォン

2020/5/6

iPad Pro 11/12.9で使えるUSB TYPE-Cのイヤホン変換ケーブル・アダプタには選び方が重要な件

2018年発売の新しいiPad Pro 11/12.9にはイヤホンジャックがなくなり、USB TYPE-C端子が一つあるだけです。 前回の記事では、iPad Pro 11/12.9で有線イヤホン・ヘッドホンを使う場合には変換ケーブルというか変換アダプタが必要だというお話をしました。ところが、その後、色々分かったことがあったのでレポートや購入レビューをします。 私自身、購入したiPad Pro 11でPUBGモバイルをやるためにこの手の商品を購入したわけですが、「すぐにモノをなくす&探す余裕もモチベーション …

続きを読む

オニオン座のオススメ記事

1

この記事では、Amazonプライム会員になるメリットとデメリットを整理してご紹介します。配送料無料やAmazonビデオ、Amazonミュージックなどのサービスははたして会費に見合うものなのでしょうか。 …

2

先日、スマホで使えるAudible (オーディブル)というオーディオブックサービスが1ヶ月無料という情報を聞いたので、実際に申し込んで本を購入してみました。ついでに解約方法も確認しておきました。 新型 …

3

Fire TV Stick 4Kを購入して幸せになった私が、調子に乗ってFire HDタブレットを初めて買ってみましたのでレビューしたいと思います。Fire HD8の使い勝手だけでなく、iPadとの比 …

-WEB関連, WordPress, 無料SEO対策
-, ,

Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.

© 2020 パパママ世代応援ブログ:オニオン座