40代集合!オニオン座は親子で楽しめる東京都内近郊の情報をお届けします!

パパママ世代応援ブログ:オニオン座

iPad-iPhone スマートフォン マネー ライフハック

どこが違うの?ネット決済「d払い」と「ドコモ払い」を比較してみた。ついでにドコモ口座も。

更新日:

かれこれ25年もドコモを使っていると、ドコモって違いが分からんサービスを連発してきた歴史を思い出します。例えば「ケータイ補償サービス」と「ケータイ補償お届けサービス」とかね。

先日、ドコモから「d払い/ドコモ払い」の宣伝メールが来たので見てみたら、両者は若干違いがあるようだけど公式サイトを読んでもよく分かりませんでした。使い方によってはそれなりにお得なようなので初心者でも分かるように比べてみました。ついでにドコモ口座なるものも調べてみました。

どこが違うの?ネット決済「d払い」と「ドコモ払い」を比較してみた。ついでにドコモ口座も。

ドコモの公式サイトを見ても「d払い/ドコモ払い」のように並列で書かれていて違いがよく分かりませんね。あちこち見ると分かるのですがドコモらしく契約書くさい書き方で理解に困ります。そこで今回、めっちゃ読み込んで分かったことをまとめます。

先に違いをざっくり言ってしまうと、d払いはdポイントサービスが支払い機能を付けたもの、ドコモ払いはドコモ料金回収代行サービスがネットで使いやすくなったもの、とイメージしてもらえると少しは分かりやすいかもしれません。

まずはd払いについて調べてみました。

d払いについて

d払いとは、2018年2月下旬に「dケータイ払いプラス」から「d払い」へ名称変更したものです。

d払いは、ドコモのスマホ・タブレット・ケータイを使っていなくても利用が可能です。ドコモ以外をお使いの方はdアカウントを取得してd払いに申し込みを行います。

ネットショップで利用する際には、支払い方法にd払いを選択して、4桁のパスワード(ネットワーク暗証番号)を入力します。

ネットショップでd払いを利用するとdポイントが購入金額100円につき1ポイント貯まり、1ポイント1円で支払いに使うことができます。またネットショップのポイントも同時にもらえるので使わない手はないですね。

d払いが使える代表的なネットショップは次の通りです。
メルカリ、ラクマ(旧フリル)、minnne、ニッセンオンライン、無印良品ネットストア、ABC-MARTタワーレコードアニメイトオンラインショップソニーストア、カルディコーヒーファーム、マツモトキヨシ高島屋オンライントストア、ジェットスター

街のお店(以下「リアル店舗」という)で利用する際には、支払い方法にd払いを使う旨を伝えて、d払いアプリに表示されるQRコードを読み込んでもらいます。

d払いが使える代表的なリアル店舗は次の通りです。ちょっと少ない。
ローソン、タワーレコード、高島屋、earth music&ecology、ユナイテッドアローズ、ツルハドラッグ、ワタミ

リアル店舗でd払いを利用するとdポイントが購入金額200円につき1ポイント貯まり、1ポイント1円で支払いに使うことができます。ネットショップよりもポイント付与率は低くなります。

d払いの利用代金の支払い方法は、登録しておいたクレジットカード(dカードまたは他社VISA・Master)にて行います。JCBやAmexは使えません。
ドコモのスマホ・ケータイ・タブレットをお使いの方で、かつspモードまたはiモード契約をされている方は、ケータイ料金と合算払いかドコモ口座(詳細は後述)で支払うこともできます。

つまりWi-Fiルータなどのデータ端末契約だけの場合はd払い自体は使えますが、合算払いもドコモ口座も使えません。

ただし、組み合わせに注意が必要です。

ドコモ口座充当とクレジットカードを組み合わせてのお支払いは、リアル店舗(d払いアプリ)でのご利用に限ります。またリアル店舗(d払いアプリ)でご利用の場合、充当可能なお支払い方法は、「dポイント充当」と「ドコモ口座充当」のいずれかとなります。

ドコモ公式サイトで使う言葉「充当」は「=併用」と思ってもらっていいです。

つまりネットショップで、1000円だけドコモ口座から払い、残りはクレジットカードで払うということはできません。これができるのはリアル店舗だけです。
またリアル店舗で、1000円分だけdポイントから払い、ドコモ口座から残りを払うこともできません。このへんがややこしい。

ドコモ払いについて

ドコモ払いは、2018年2月下旬に「ドコモケータイ払い」から「ドコモ払い」へ名称変更したものであり、両者は同じものです。「auかんたん決済」「ソフトバンクまとめて支払い」「ワイモバイルまとめて支払い」によく似ています。

ドコモ払いは、ドコモのスマホ・ケータイ・タブレットをお使いの方で、かつspモードまたはiモード契約をされている方のみが利用可能です。ドコモWi-Fiルータなどのデータ端末契約だけの場合はドコモ払いは利用できません。

ネットショップで利用する際には、支払い方法にドコモ払いを選択して、4桁のパスワードを入力します。

ネットショップでドコモ払いを利用してもdポイントは貯まりません。またdポイントを支払いに使うこともできません。その代わりにキャンペーンやそのネットショップのポイントが貯まることがあります。
例)Amazonでdポイント最大20%ポイントバック

ドコモ払いが使える代表的なネットショップや月額課金サービスは次の通りです。
AmazonYahoo!ショッピングWowma!、モバゲー、ドミノピザ、omni7(セブン&アイ)、スターバックス、オタマート、eONKYO music、Spotify、mora、PlayStation Store、スクエア・エニックスアカウント、バンダイナムコゲームス

例えばAmazonのドコモ払いについてはヘルプページで説明されています。AmazonプライムAmazon music unlimitedにもドコモ払いを使用することができます。月額課金はケータイ料金にまとめちゃえ的なこともできますね。

リアル店舗ではドコモ払いは使えません。d払いのような「ドコモ払いアプリ」は存在しませんのでネット専用となります。

ドコモ払いの利用代金の支払い方法は、ドコモのケータイ料金の支払い方法に依存します。クレジットカードなのか、口座自動引き落としなのか、請求書コンビニ払いなのか、あなたの指定した方法となります。

ドコモ口座からの充当(併用)も可能ですが、一部対応していないネットショップがあります(例:dマーケット)。

 

ドコモ口座について

ドコモ口座は、ドコモのスマホ・ケータイ・タブレットをお使いの方ならハンコなしで簡単に申し込むことができます。

ドコモ口座とは一言でいうと、ドコモにお金をチャージ(入金)してその範囲で利用できるプリペイドサービスです。銀行口座やコンビニ、ペイジーから50万円までチャージすることができます。口座開設や維持費は無料です。

ドコモ口座へお金をチャージしておくと、ドコモのスマホ・ケータイ料金の支払いに使えるのはもちろん、与信審査のない「ドコモ口座 Visaプリペイド」も無料で発行することができ、Visaマークのあるネットショップで、クレジットカードと同じようにお買い物できます。

お金をチャージしていなくても後払い設定をすれば、スマホ・ケータイ料金から後払いすることができます。限度額は2万円or5万円です。

ドコモ口座に貯まったお金を銀行口座へ出金する場合は、日本国内のほぼ全ての金融機関(ゆうちょ銀行やネット銀行を含む)に振込することができます。振込手数料は1回あたり200円(税抜き)です。※みずほ銀行の場合は1回目のみ100円(税抜)

またドコモ口座同士でのお金の送金や受取も可能。ドコモ口座からの送金(1か月あたりの送金限度額合計20万円)は手数料無料で、ケータイ料金からの送金(1回線あたりの後払い利用限度額 合計2万円または5万円)の手数料は1回100円です。

またネットマイルやドットマネーby amebaなどのポイント交換サイトを経由すれば、他社ポイントをドコモ口座に入れることができ、現金化することが可能です。

最近では懸賞やキャンペーンでのキャッシュバック方法としてドコモ口座を選ぶ企業も増えてきましたね。

via:https://docomokouza.jp/detail/about.html

 

ドコモ口座キャッシュゲットモールについて

ドコモ口座に関連して特にオススメなのが、「ドコモ口座キャッシュゲットモール」というサイトです。もちろんドコモが運営しているまともなサイトです。

このサイトを経由してネットショップでお買い物をするだけで、通常の数倍相当のポイントを得ることができます。条件はd払いすることだけ。dポイントとネットショップのポイント、さらにキャッシュバックがもらえるというもの。

楽天やYahoo!ショッピングでのお買い物は従来のポイントの他に、dポイントが1%もらえたり、そもそもポイント制度のないNTT-Xストアなんかでもdポイントがもらえちゃう。

あとめっちゃお得なのがクレジットカードの申込みです。オンラインでクレジットカードの公式サイトから発行申込みをすると今どき数千ポイントはもらえますよね?それ以外にキャッシュゲットモールからキャッシュバックがもらえるというもの。

例えばdカードを公式サイトから申し込むと最大8000ポイントがもらえます。それがキャッシュゲットモールから申し込むと、最大8000ポイント+7800円キャッシュバックとなります。これはデカい。

アフィリエイターの方はA8.NETなどのアフィリエイトサイトのセルフバックで似たような経験はあると思いますが、ブログやアフィリエイトをやっていない一般の方にここまで大盤振る舞いはなかなかおいしい。

そのほか、アンケートに答えたり資料請求をしてもキャッシュバックがあります。

今なら登録するだけで100円をキャッシュバックしてもらえるキャンペーンをやってますので、登録だけでもしておいてください。


 

備考:d払い/ドコモ払い共通

利用代金の支払いについては以下の3パターンあります。

①都度払い
ネットショップや店舗などで、利用の度に支払い手続きを行う。
請求書表示内容:ドコモ払い/d払い(ご利用代金)、ドコモ払い(海外コンテンツ等)

②継続課金
ファンクラブや月額課金サイトなどのように定期的に定額の支払いを行う。
ドコモ払い/d払い(ご利用代金/継続課金)、ドコモ払い(海外コンテンツ等/継続課金)

③随時決済
ネットショップなどに登録を保存しておき、利用の度に支払い手続きを行う。
ドコモ払い/d払い(ご利用代金/随時決済)

d払い/ドコモ払い継続課金の履歴確認や解約方法は以下より。

dメニュー>【マイメニュー】>継続課金一覧/ご利用履歴【継続課金一覧】

dメニュー>【My docomo(お客様サポート)】>【料金】 商品など購入履歴の確認【決済サービスご利用明細(spモード決済・ドコモ払い/d払い) : 確認する】>継続課金・履歴一覧【継続課金一覧】

なお、d払い/ドコモ払い随時決済の履歴確認や解約方法は、各ネットショップのマイページなどで行います。

まとめ

「d払い」と「ドコモ払い」の違いはお分かり頂けましたでしょうか。また「d払い」と「ドコモ払い」をより便利にする「ドコモ口座」とさらにトクしちゃえ的な「ドコモ口座キャッシュゲットモール」をご紹介しました。

後発の「d払い」はネットフリマや人気ネットショップに強いですがまだまだこれからな感じで、ドコモケータイ払いとして先行していた「ドコモ払い」はAmazonやYahoo!ショッピングなどの大手ネットモールのほか、ゲーム課金サイトにも強いという特徴があります。

ドコモユーザーの方はドコモ口座や「ドコモ口座キャッシュゲットモール」も組み合わせてうまく使いたいですね。

公式サイトへのリンク

「d払い/ドコモ払い」公式サイト
https://service.smt.docomo.ne.jp/keitai_payment/
https://service.smt.docomo.ne.jp/keitai_payment/term/dpoint.html

「ドコモ口座」公式サイト
https://docomokouza.jp/index.html

「ドコモ口座キャッシュゲットモール」公式サイト


 

以上、最後までご覧下さり誠にありがとうございました。

-iPad-iPhone, スマートフォン, マネー, ライフハック
-, , ,

Copyright© パパママ世代応援ブログ:オニオン座 , 2018 All Rights Reserved.