Amazonレビュー iPad-iPhone オーディオビジュアル スマートフォン ハードウェア

低価格帯(5,000円以下)で超オススメなカナルイヤホン「final E3000」のマイク付きモデル「E3000C」を買ってみたよレビュー

2020年7月3日

これまで多くの中華イヤホンレビュー記事を書いてきた中で、何度か「もし国内メーカーの低価格帯イヤホンを買うならFinal(ファイナル)がオススメ」とお伝えしました。しかし実は自分で買っておらず、店頭で数回試聴しての判断でした。リファレンスイヤホンはオーディオテクニカのATH-IM03ATH-IM04だし、奇想天外ながらハズレの少ない中華イヤホンKZを買うことが多かったから、あまり他の低価格帯イヤホンを購入する機会がなかったのです。

そんなある日、中学生になる娘から「iPhoneのイヤホンが壊れたから、新しいイヤホンが欲しい。パパ、イヤホンのプロでしょ?良いの選んでよ」と言われました。ブログでイヤホンのレビュー記事ばかりかいているからプロなのか?とは思いましたが、今まではiPhone付属のイヤホンを使っていた娘にとって、初めての市販イヤホンとなるわけです。すっかりインドア派に成長してくれた娘には、良い耳を持ってもらいたい。だから初めてのイヤホンは最良なものを選ばなければならい、と勝手な使命感を抱きました。その結果、私が選んだのは「final E3000」でした。その理由とは・・・

低価格帯(5,000円以下)で超オススメなカナルイヤホン「final E3000」のマイク付きモデル「E3000C」を買ってみたよレビュー

iPhone付属のイヤホンでも音質は悪くはないのだが、良くもない

従来のスマホ付属イヤホンはiPhoneに付属するイヤホンは、と比べて飛躍的に音が良く、他社もこれに追従する形で少しずつ音が良くなった。その結果、低価格イヤホンの音質底上げが発生した。という立役者の側面があります。

その音質は、特に秀でるところはないものの欠点も無く、一言で言えば「良い意味で普通な音」でしょうか。スマホ付属品あるいは安物イヤホンでは、高音が詰まって電話のような音だったり、中音と低音が団子になっていたり、低音がボコボコ言ってたりでしたが、iPhone付属のイヤホンはあまりそういったことはありません。

しかし、iPhone付属のイヤホンにはリアル感は希薄でした。音の伸び、ダイナミックレンジの広さ、解像度感、スピード感、臨場感、空気感は求めるべくもないわけです。オーディオマニアっぽい言葉を少し使いましたが、意味が分かれば素人さんでもああなるほどと言って頂けると思います。

音楽やオーディオが好きでも予算というものがあるので、私の場合は荒削りながらも機種さえ選べば超コスパな中華イヤホンを普段用に買っていました。熱が下がった今でもKZ AS10KZ ZSN Proは愛用しています。欠点を補う以上の長所があるからです。


しかし娘にとって初のリファレンスイヤホンになるであろう本件では、なるべくコスパが高く、かつ正統派の音がするカナルイヤホンを選ぼうと決めました。予算的には中学生ということで5,000円前後が限度かと。

5,000円前後の高音質イヤホンと考えた場合、パッと聞いた感じでは、たぶん味付けのうまいソニーがよく聞こえてしまうであろうことは想像が付きました。しかし初めての市販イヤホン(しつこい?)がソニーではつまらない。予算内でナチュラルサウンドの高音質イヤホンとなると、もう私の中ではfinalイヤホンしかありませんでした。

 

finalというイヤホンブランドについて

finalブランドを展開するS’NEXT株式会社の公式サイト

finalブランドを展開するS’NEXT株式会社の公式サイト

finalは、1974年に創業した髙井金盛氏がアメリカコネクター大手の日本法人 日本Molex LLC.より出資を受け、第一通信工業(SONY音響関連を開発してきた企業。現 株式会社McAUDI)の代表と共に設立したS’NEXT株式会社の商品ブランドです。

2009年にfinal audio designブランドにて、イヤホンの製造・販売を開始し、2014年に日本Molex LLCよりMBOにて独立しました。現在も設計や製品開発、ハイエンドモデルの製造は日本国内で行っています。

つまりfinalは、欧米テイストとSONYの音響ノウハウ、そして髙井金盛氏が製品化したアナログレコードのカートリッジ(レコード針)のような職人気質などをベースにした日本国内企業のメーカーブランドということが言えます。

現在では、finalというブランドは一本30万円は当たり前という高級イヤホン/ヘッドホンのメーカーとして、一部の人には絶大な人気を誇っています。そんなfinalが高音質でデザインにもこだわりながらエントリーラインとして用意したのが、今回レポートするE3000を初めとしたEシリーズです。

 

final E3000/E2000にマイク付きバージョンE3000C/E2000Cが登場していた

final E3000とE3000Cの価格差は数十円しかない

final E3000とE3000Cの価格差は数十円しかない

そんなわけで、finalのイヤホンなら予算的にE2000かE3000が候補となりそうでしたが、当案件には一つだけ要件不足がありました。それは「イヤホンでLINEや電話の通話もするから、マイク付きでなければならない」ということ。そうそう私がfinalを買わなかった理由はマイク付きバージョンが存在しないと思っていたからでした。PUBGモバイルなどでボイスチャットするにはマイク付きイヤホンでなければならず、それにはコスパが見合うのがこのへんの中華イヤホンしかなかったのです。

「またイヤホン探しをやり直しかあ」と思いながら渋谷のビックカメラを見たところ衝撃の事実が分かりました。

あ、いつの間にか、final E3000/E2000にリモコンマイク付きバージョンが売られている。。。

もはや迷う理由がなくなったため即購入しました。その日の晩、娘にドヤ顔で final E3000C を渡して音を聞かせてみると「今までのと全然音が違う。。」と目を輝かせて驚いていました。パパ大勝利です。

・・・なんてことがあったので、「オレも欲しい」となるには時間はかかりませんでした。気がついたらAmazonでポチっていました。

ちなみに、イヤホンジャックのないiPhoneはLightningジャックに変換するケーブルが必要です。多くのメーカーから発売されていますが、純正品が品質良く価格もさほど変わらないのでオススメです。

 

final E3000C カナル型イヤホン マイク付きコントローラー FI-E3DSSC 購入レビュー

というわけで我が家に届いたfinal E3000C(マイク付き)がこちら。

マイク付きのfinal E3000Cの目印は、パッケージ右上にあるリモコンのイラスト

マイク付きのfinal E3000Cの目印は、パッケージ右上にあるリモコンのイラスト

パッケージの裏面には final E3000Cのスペックも書かれています。インピーダンス16Ω、音圧100dB、重量15g、ケーブル長1.2mと書かれています。周波数レンジは書かれておらず公式サイトでも公表されていませんが、ハイレゾ対応をうたうHi-resマークがパッケージにあることから上は40KHzくらいまででしょうか。

E300Cのパッケージにはスペックが書かれているが周波数特性は明記されていない

E300Cのパッケージにはスペックが書かれているが周波数特性は明記されていない

パッケージ同梱内容は、final E3000C本体、イヤピース、専用ポーチ(ケース?)、耳フックカバーです。ポーチはわりと作りが良くて他の用途にも使えそうです。なおイヤホンケーブルはY型です。

イヤーピースがやたらたくさん付属しています。これなら子どもや女性など耳の小さい方でも大丈夫ですな。イヤーピースのサイズはSS / S / M / L / LL の5種類。耳に触れる部分と軸が異なった硬度のシリコンを使用したハイブリッドタイプで、単品で充分販売できるクオリティ。片側はピンク又は赤、もう片側は黒又はグレーとなっていて、装着した際に左右が分かりやすくなっています。

「単品で充分販売できるクオリティ」と思っていたら、本当に単品で市販していました。final Eタイプイヤーチップは軸内径は4.0mmで、SpinFitの標準軸タイプと同等。他社イヤホンでも使用可能です。

ケーブルに針金が入っていませんので、タッチノイズが気になる方のために耳にかけていわゆるシェアがけできるようシリコンパーツが付属しています。イヤホンをポケットにそのまま突っ込むことの多いガサツな私はソッコー紛失しましたが。

E3000Cの本体をアップで撮影。こいつがリケーブル対応だった本当に無敵だったのですが、それは贅沢な悩みかな。

さらに上位機種のE4000とE5000ならMMCXコネクターのリケーブルケーブルが使用可能です。少しお高いですけどね。

E3000Cの本体裏面はたくさんのベントがあります。気になる人も多いので先に言ってしまうと、音漏れは普通レベルで特に大きくはありません。盛大に音漏れしそうな外観ではありますが、実際にはそうでもありません。

イヤーピースを外してみると、カバーのようなものがかかっていますが大口径な6.4mmダイナミックドライバーから音がダイレクトに伝わるイメージがあります。独自のギミック「イヤーピーススウィングフィット機構」によりイヤーピースの軸の角度が変えられるので、外耳が曲がった方や左右で違う方でも調整が利くのが地味に素晴らしい。

リモコン機能付きマイクがこちら。ワンボタンで、長押しや二回押しなどで異なったコマンドが送れるようになっています。裏側に小さなマイク穴が空いています。

final E3000Cの音質レビュー

外見や仕様についてのレポートは以上にするとして、あとは気になる音質レビューです。音質を確認する前に、バランスドアーマーチュアドライバー(BAドライバー)とは異なり、ダイナミックドライバー搭載機であるE3000では2日程度のエージング(慣らし運転)を行いました。

レビュー音源は二種類使いました。一つはソースはいつも通りのaikoや和ジャズ、和フュージョンのアップルロスレスコーディング(ALAC)音源を、ポータブルオーディオプレイヤーONKYO XDP-20にて。aikoについては別途ハイレゾ音源も使用。

もう一つは、最近個人的にお気に入りのアーティスト、ヨアソビ「夜に駆ける」や、ずっと真夜中でいいのにのアルバム「潜潜話」を、あえてロスレスではないAmazonミュージックで聴いてみました。下記所感はいずれも1万円以下のイヤホン基準。

端的に言えば、「ナチュラルで上品なフラット型。全音域に伸びがあり、かつ自己主張の強い音域はなく、解像度・音場・スピード感もそれなり以上あり。とにかく欠点や物足りなさを感じさせない音」でした。

いわゆるスタジオモニター的なイヤホンは完全なフラットでは無く、明瞭さや音の分離を分かりやすくするために高音域にピークを置くなど味付けをしていることがあります。これが「スタジオモニターイヤホンは音が固い」と言わしめる大きな要因です。しかし、このE3000は「味付けの極めて少ないスタジオモニターイヤホン」と言うことができます。これは自分の耳の記憶の通りで、やっぱり買って良かったと感じました。普段、4万円位のイヤホンを使っている自分でも、セカンドイヤホンとして充分満足できるレベルでした。

超高音・・・ハイレゾを十分判別するほど良い耳は持っていないが、非ハイレゾ音源と比較すれば分かる。
高音・・・BAドライバーと比較するとやや劣るが、十分伸びが良く解像度も高め。詰まった感じはしない。シンバルもリアル。
中音・・・距離感は引っ込みすぎず出すぎずちょうどいい。男女ボーカル、ピアノ両手、どっちもイケる。
低音・・・ダイナミックドライバーならではの柔らかで量感があり、過不足を感じない。ベースやバスドラはもちろん、タムも正しく聴き取れる。
重低音・・・聴感上、量感があるので重低音好きでなければ満足なレベル。

私が優秀なイヤホンを判別する大きな基準の一つとして、ドラムのタムが正しく聴き取れるかがあります。スネアとバスドラに埋もれがちですが、曲で大事な部分のフィルで多用されるのがタム。E3000Cは問題ないと感じました。「これ一万円です」と言われても納得する個人的にはレベルです。いや、一万円オーバーでもここまで丁寧なイヤホンってどれだけあるかな?

たぶん、iPhone付属イヤホンからのステップアップとしてE3000C/E2000Cあたりを買うと、かなり幸せになれると思います。イヤホンは本当に音のキャラクターが異なるのですが、このケースなら本当に違和感なく、ある意味、正統進化的に音が良くなったと感じるのではないかと思います。

逆に、ソニーの低価格帯イヤホンや、オーディオテクニカのBASSなんちゃらなどの重低音モデルを使っていた人がE3000C/E2000Cあたりを買うと、物足りなくてつまらないと思います。

なお、E3000Cといかfinal Eシリーズ共通の最大にして唯一の弱点は、左右が見分けにくいことです。下側に「L」「R」とあるのですが視認性が低いと言わざるを得ません。多少暗い場所では、イヤーピースの黒い部分をめくって軸の色が黒系なら左、赤系なら右と判別することは可能です。まあ「R」なら赤い印字だと分かりやすいのですが、それはそれでデザイン的に野暮なので、そういうものだと思いましょう。

final公式サイトのギャラリー写真より

final公式サイトのGallery画像より。下側にレーザー処理?で刻印されたLの文字

あと気になったのは、能率が低めなのか少しボリュームが下がることです。ただしプレイヤーを選ぶほどではありません。例えばMAX50のボリュームで普段35位で聴いている場合は40位に上げる必要があります。

まとめ

以前より「国内メーカーの低価格帯イヤホンを買うなら、絶対finalが良い」と連呼し続けていました。しかし個人的な唯一の欠点は、マイクが無いことで、ハンズフリー通話やスマホゲームのボイスチャットに使えないというものでした。ところが、E3000C/E2000Cというリモコンマイク付きモデルが知らぬ間に発売されていたことを知りました。

実際、E3000Cを何のバイアスもない中学生へプレゼントして、iPhone付属イヤホンよりもfinal E3000Cの音が明確に良いと感じている姿を目の当たりにして、あらためて欲しくなって自分用に買ってみました。まさに「高級イヤホンブランドであるfinalが手抜きをせずにエントリークラスを作ったらこうなった」という印象です。

final E3000Cはイヤーチップなども含め作りが良く、音質はナチュラルで伸びも良く、誇張のないモニターサウンドでした。特に重低音好きなどでなければ、良い意味で万人向けするイヤホンでした。

もちろんデザインもスタイリッシュで、SSサイズを含む5種類のイヤーピースも付属しているので、女性へのプレゼントにもオススメです。「スマホ付属イヤホンで十分だからイヤホンを買ったことがない」という方にプレゼントしたらきっと驚くと思います。意外とお財布にも優しいですからね。

ちなみにマイク付きということで、PUBGモバイルでも使ってみました。中華イヤホンKZ ZSN PROをよく使っていましたが、比べてみるとKZ ZSN PROはド派手なアクション映画、E3000Cはリアルすぎるドキュメント映画と言った具合で非常に面白いです。もちろんマイクでのボイスチャットも良好でした。

 

それでは本日ご紹介したアイテムをふり返ります。今回の主役であるfinal E3000Cがこちら。2つめのリファレンスイヤホンに決定です。

比較対象が他社の3,000円クラスだった場合はE3000Cならグレードアップした感が確認出来ると思いますが、E3000C・E2000C・E1000C(いずれもマイクリモコン付き)のどれにしようか悩む人もいるでしょう。比較対象がiPhoneなどのスマホ付属イヤホンならE2000C・E1000Cでも十分幸せになれます。しかしE2000C・E1000Cの価格差は小さいけどE2000Cの方がずっと高音質なためコスパは高いと思います。

finalとは別ベクトルで、オススメの中華イヤホンがこちら。同価格帯で安いのにBAドライバーとダイナミックドライバーを各1本使ったハイブリッドタイプ。さらにリケーブル対応なのでイヤホンケーブルを交換することにより音質変化も楽しめるし、もし断線してもケーブルだけ買えばOK。私も愛用しています。

以上のイヤホンは全て3.5mmミニジャックなので、イヤホンジャックのないiPhoneはLightningジャックに変換するケーブルが必要です。ここは純正品が品質良く価格もさほど変わらないのでオススメです。

 

 

以上、ブログ「オニオン座」がお届けしました。最後までご覧下さり誠にありがとうございました。


2020/7/19

低価格帯(5,000円以下)で超オススメなカナルイヤホン「final E3000」のマイク付きモデル「E3000C」を買ってみたよレビュー

これまで多くの中華イヤホンレビュー記事を書いてきた中で、何度か「もし国内メーカーの低価格帯イヤホンを買うならFinal(ファイナル)がオススメ」とお伝えしました。しかし実は自分で買っておらず、店頭で数回試聴しての判断でした。リファレンスイヤホンはオーディオテクニカのATH-IM03&ATH-IM04だし、奇想天外ながらハズレの少ない中華イヤホンKZを買うことが多かったから、あまり他の低価格帯イヤホンを購入する機会がなかったのです。 そんなある日、中学生になる娘から「iPhoneのイヤホンが壊れたから、新し ...

続きを読む

2020/6/18

iPad Proでイヤホンを使いながら充電する方法は、便利なUSB Type-Cアダプターやハブを使うべし

2018年以降に発売されたiPad Pro 11/12.9インチにはイヤホンジャックが無く、USB Type-Cポートが一つあるだけです。USB Type-Cからイヤホンジャックへ変換するケーブル・アダプターは存在しますが、充電しながらイヤホンが使えないと思ってしまっている方はいらっしゃらないでしょうか。 実際に家電量販店やケータイショップ、はたまたAppleストアを見ていても、充電しながらイヤホンを使えるアダプターは見つけることが出来ません。しかし、Amazonや楽天、Yahoo!などのネットショップで ...

続きを読む

2020/6/8

ドコモケータイ補償サービスでAndroidスマホを交換修理したけど、もう二度と使わないと思った話

この記事では、ドコモスマートフォンのケータイ補償サービスを実際に使ってみて、申し込み手続き方法や設定環境移行について、故障品の返却について、そして分かりにくいケータイ補償サービスの違いをレポートします。 毎月、保険料のようなかたちでケータイ補償サービスの掛け金を払ってきましたが、今回試してみてかなり残念な一面もありましたので参考になればと思います。

続きを読む

2020/10/24

iPhone/iPad/Android/Mac/Windowsの画面を家庭用テレビ・モニターディスプレイ・パソコンへ映し出すミラーリング方法まとめ

iPhoneやiPadシリーズ、あるいはAndroidスマホ・タブレットなどの携帯端末画面を他の人に見せる方法をご紹介します。また、自宅の大型テレビでパソコンの画面を映し出したり、プレゼンなどで会議室の大型ディスプレイやプロジェクターに出力することも可能になります。 これら携帯端末やパソコンの画面を大きな家庭用テレビや大型PCディスプレイに映し出すことを「ミラーリング」と言いますが、その方法は様々です。端末やコネクタージャックの種類、無線か有線かによっても方法が異なり、それぞれメリット・デメリットが存在し ...

続きを読む

2020/9/18

PUBGモバイルなどのゲームと、Discordなどのボイスチャットアプリを併用する方法が分かったよ

音声ミキサーやパソコンを使わずに、PUBGモバイルの音を聞きながらDiscordなどのボイスチャットアプリで仲間と話せる方法をご紹介します。その解決方法は、意外なイヤホンを使うというものでした。 PUBGモバイルが楽しすぎて5シーズン連続でエースランクを取り続け、次シーズンこそ征服者になってみようと頑張っていますが、一つだけ悩みがありました。それはPUBGモバイルとDiscordを併用すると、PUBGモバイルの音声がモノラルで聞こえてしまうことでした。

続きを読む

人気記事

1

この記事では、新発売のFire TV Stick4K(第3世代)で、前機種Fire TV Stick無印と同じようにスマートフォンのミラーリングができるかどうかを使い方を試してみました。また前機種との ...

2

Macbook Air 2013 Earlyを長らく使っていましたが、ついに新しいMacノートを買いました。Macbook Air 13inch 2018です。ついでにWindows10をインストール ...

3

先日、スマホで使えるAudible (オーディブル)というオーディオブックサービスが1ヶ月無料という情報を聞いたので、実際に申し込んで本を購入してみました。ついでに解約方法も確認しておきました。 新型 ...

-Amazonレビュー, iPad-iPhone, オーディオビジュアル, スマートフォン, ハードウェア
-, , ,

Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.

© 2020 パパママ世代応援ブログ:オニオン座