男の子なら一度は行こう!陸上自衛隊広報センター「りっくんランド」へ行ってきた


こんにちは、ぶんちょうです。いつも小学生の娘と一緒のお出かけについてレポートしていますが、今回はパパが一人で行ってみたスポットをご紹介します。男の子なら年齢を問わずワクワクする場所です。

憲法だの軍隊だの議論は尽きませんが、地震や災害など有事の際に大活躍してくれる自衛隊の存在は個人的に大変ありがたいと思っています。そして私が男の子だからでしょうか、武器や戦車にはなぜか小さな頃から興味があります。この記事を読まれているパパ諸君もそうではないでしょうか。

そんなわけで、埼玉県和光市にある陸上自衛隊広報センター「りっくんランド」へ行ってみることにしました。まるで自衛隊博物館でした。

 

男の子なら一度は行こう!陸上自衛隊広報センター「りっくんランド」へ行ってきた

いきなりですが、りっくんランドは結構不便な場所にあります。最寄り駅である和光市駅や朝霞駅から徒歩20分かかります。

私はバイクで都心から川越街道を通って30分くらいでした。可能ならクルマかバイクでお越しになることをオススメします。

駐車場の脇には、軽装甲機動車がお出迎え。

敷地に入って左に行くと朝霞駐屯地があります。入ってみたい・・・

ちなみに駐車料金は全て無料。もちろんバイク専用駐車場も完備です。無料駐車場は100台以上のクルマを駐車することができます。

正面玄関には喫煙所があります。館内は禁煙ですが正面玄関と中庭の二カ所に喫煙所があります。愛煙家にも非常にありがたい配慮です。

というわけで、りっくんランドに入場します。入場料が無料なのはうれしい。

売店内以外は撮影OK。ただし隣接する朝霞駐屯地の撮影はダメ。

ちょっと見づらいけど、館内マップはこんな感じ。まず2階から見るような順路になっています。

エレベーターで2階に上がったら、「展示コーナー1」の地球儀と周りに展示されている資料を見ていきます。

陸上自衛隊は全国に約160もの駐屯地があって、これを5つの区域に分けて方面隊を配置されているそうです。関東甲信越地方は東部方面隊が配置されているんですねえ。

日本は島国で、隣接国との国境も近いところがあったりするので、国防には手間がかかります。ちょっかい出してくる国が実際にありますからねえ。

男の子なら、特にガンダムシリーズやエヴァンゲリオン、銀河英雄伝説やらが好きな人にはたまらない階級章について。左胸につける防衛記念章は職務遂行により功績があって表彰されると付けられるという。

やっぱ階級章かっこいいんだぜ?一等陸尉は大尉、三等陸佐は少佐といった具合。

お次は順路通り、「展示コーナー2」の「陸上自衛隊のあゆみ・遺産」を見ていきます。ちなみにJGSDFとは、Japan Ground Self-Defense Forceの略です。

1950年に創設された自衛隊の前身となる警察予備隊から現在に至るまでの沿革が壁一面に掲示されています。

そもそも、1945年(昭和20年)に日本が受諾したポツダム宣言第9条に基いて大日本帝国陸軍及び大日本帝国海軍は解体され、代わって日本の防衛はアメリカ軍を中心とするGHQ進駐軍が担っていました。

ところが1950年(昭和25年)に朝鮮戦争が勃発して、在日米軍の大半が朝鮮半島に出動したことで、日本防衛について空白が生まれたため、ダグラス・マッカーサー元帥の書簡により国内の治安維持を目的として、同年8月に「警察予備隊」が創設されました。

つまり雑に言ってしまえば、自衛隊の生みの親はマッカーサー元帥だったわけです。ご存じでしたか?

ということで、このコーナーでは、自衛隊が日本国内のみならず、国際的に治安維持に貢献してきた証を展示しています。

意外なことにオリンピックの運営にも自衛隊は関わっていたんですねえ。札幌雪祭りの雪像を自衛隊員が作っているのは知ってましたが。

自衛隊記念日観閲式の映像なんかも見ることができます。

お隣の研修室も覗いてみましょう。

自衛隊関連書籍コーナーには陸海空の資料を自由に読むことができます。しばらく読書タイムしてしまいました。

お次は順路通り、1階の大半を占める「展示コーナー3」を見ていきます。2階から見るとこんな感じ。陸上自衛隊の主力機だったAH-1Sコブラと90式戦車がどでーんと鎮座しています。

まずは自衛隊の装備についての展示。実際に陸上自衛官が着用する防弾チョッキ(約4キロ)や行進訓練で担ぐリュックサック(約15キロ)の装着体験ができます。

とりあえずヘルメットだけかぶってみた私。

偵察用オートバイに実際にまたがることができます。ちなみにバイク自体はカワサキ製でした。

「服装体験コーナー」では、迷彩服を無料で試着することができます。1時間以内なら迷彩服を着たまま館内を回ることができます。ガチなコスプレがしたい方は是非どうぞ。

ていうか子供サイズもありますので親子でどうぞ。

ああ、かっこいいAH-1Sコブラ・・・

90式戦車もいいよいいよ。

「フライトシミュレータ」では、対戦車ヘリコプターAH-1Sコブラの操縦席からの映像を疑似体験できますとのこと。もちろん参加費は無料です。

こちらの表に該当しない人はフライトシミュレータに乗ることができます。おいらは大丈夫なので乗ってみました。

可動式のコックピットの中では大型スクリーンでコブラの飛行と射撃を体験しました。なかなかの迫力でした。

「射撃シミュレータ」はAH-1Sコブラと90式戦車の射撃を疑似体験するゲーム。意外と難しい。。

岩場をくりぬいたような「3Dシアター」では、3Dメガネをかけて立体的な映像を見ることができます。

本日の3Dシアターの上映内容はこんな感じでした。

ちょっとのどが渇いたのでドリンクコーナーに行ってみます。

微妙に、というか、だいぶ安いドリンク達。ドクターペッパーが90円。

そして庭の戦車達を眺めながら一服。ああ。平和やな。ちなみに飲食スペースが2カ所ほどあって飲食物の持ち込みもOKです。

ということで、庭に並んでいる戦車を見てみましょう。全部で10台ほど展示されています。

まず、私が大好きな最新鋭戦車、10式戦車です。10式は「じゅっしき」じゃなく「ひとまる」と読みます。装甲は薄めですがこいつはマジですごい戦車。特殊なジャイロ機能により、全力で走行しながら動く的に命中させることだってできます。

詳しいスペックはこちら。自動装填装置があるので乗員が3人。最高時速70kmh。こんなのに追っかけられたらオシッコちびる。

お次は懐かしい74式戦車。私たち40代が子供の頃に観た自衛隊の映像ではだいたいこいつらでしたね。

ちょっと珍しいところで94式水際地雷敷設装置。こんなデカいのに水中プロペラが付いてて泳げます。島国の防衛には大切な装置です。

庭の端っこにあったのが地下指揮所。階段で降りていくと・・・

入り口はこんな感じで・・・

狭いけど、こうして安全な場所を確保して指揮するんですな。一連隊(800名規模)の指揮をするそうです。

一通り見たのでそろそろ帰ろうかなと思っていたら、自衛官向けのフリーペーパー「自衛隊情報誌タイユー」を発見。こういう怪しい業界誌、大好きです。

中を見てみると、自衛隊関連のイベントや功績などがわりと詳しく書かれています。

経験上、フリーペーパーってのは、掲載広告を見ると読者層が分かるもんでしてね。3つしかない広告を見てみると・・・

キャッシング過払い金調査の法律事務所と・・・

男性向け美容整形(○茎手術)と、産経新聞・・・ですか。なんとも言えねえ。

掲示板にあった「りっくんランド」のイベント情報をご紹介。普段は乗ることのできない軽装甲機動車に乗ったり、隣接する朝霞駐屯地を見学することができるようです。そのほか季節に応じて様々なイベントがある模様。

平成29年度のイベント一覧はこちらです。2月には富士の裾野で戦車に乗れるのです。これは大人気なんだそうです。


最後は売店「アーミーショップ サクラ」です。店内を撮影するには取材許可が必要とのことなので写真は外観だけ。

嵐の櫻井翔が泣いて喜びそうな迷彩グッズが多数販売されています。その他、自衛隊の戦闘糧食(レーション)の本物も購入可能。さらに、ご当地キューピーちゃんの自衛隊バージョンも陸海空ともに販売されていました。

まとめ

色々と誤解の多い自衛隊ですが、この「りっくんランド」に来てみて、治安維持や防災支援、そして国防にと様々なかたちで日本を守ってもらえているんだな、と感心しました。

子供連れでお出かけとなると、正直なところ女の子にはピンとこないかもしれませんが男の子なら一度は連れてきてもいいと思います。また何より、パパも童心に戻って楽しめること間違いないと思います。

駆け足で1時間、ゆっくり観ても3時間かからないと思いますから、ちょっとしたお出かけにいかがでしょうか。

お出かけデータ

営業時間など

営業時間:10:00~17:00
定休日:月曜日と第4火曜日(祝祭日にあたる場合は営業し、原則翌日が休館)・年末年始
お問い合わせ先 TEL:03-3924-4176

公式サイト

http://www.mod.go.jp/gsdf/eae/prcenter/

アクセス・地図

埼玉県朝霞市栄町4-6付近

東武東上線の和光市駅又は朝霞駅から徒歩20分
地下鉄有楽町線・副都心線の和光市駅から徒歩20分

 

以上、最後までご覧くださり誠にありがとうございました。他にもお出かけレポートをご紹介していますのでどうぞごゆっくり。

-子育て, お出かけ・家族旅行
-,