ハードウェア iPad-iPhone オーディオビジュアル スマートフォン

Amazon Fire TV Stick 4KでiPhone・Androidスマホ・パソコンのミラーリングが簡単すぎる件(旧モデルとの比較と開封レビューほか)

更新日:

2017年にFire TV Stick(第2世代)を買いまして、家庭用テレビにスマホやタブレット、そしてパソコンの画面を映し出せるミラーリングをやってみたところ大成功でした。娘は大画面テレビでゲームをやり、嫁は同じくスマホのネットショッピングをテレビに映し出して楽しんでます。

そこで新発売となった後継機種Fire TV Stick4K(第3世代)も買いましたので、同じようにミラーリングができるかどうかを使い方を試してみました。また前機種との比較などもご紹介します。

安くなったFire TV Stickにするか、新しいFire TV Stick4Kにするか迷っている方にもご覧頂ければと思います。

Amazon Fire TV Stick 4KでiPhone・Androidスマホ・パソコンのミラーリングが簡単すぎる件(旧モデルとの比較と開封レビューほか)

Fire TV Stick(第2世代)とFire TV Stick4K(第3世代)を比較してみる

新旧モデルの比較の前に「そもそもFire TV Stickって何なの?」という初めての方のために簡単にご説明します。

Fire TV StickとはAndroid OSのAmazonカスタマイズ版Fire OSが入っているスティック型PCの一種です。キーボードやマウスは必要なく、リモコンと音声認識Alexaで操作が可能なので、機械に疎い子どもやご年配の方でも使うことが出来ます。

Fire TV Stickは使い方も簡単です。テレビのHDMI端子に刺して簡単なWi-Fi設定をすれば、AmazonプライムビデオやAmazonミュージックはもちろん、NETFLIXやdTV、dアニメストア、AbemaTV、TVerなどの動画配信サービスが楽しめます。もちろんAmazonプライム会員でなくても使うことができます(プライムビデオなどAmazonプライム会員向けサービスは使えません)。

Fire TV Stickを使用すること自体、月額料金はかかりません。プライムビデオなどAmazonプライム会員向けサービスをFire TV Stickで利用するならプライム会員会費(月500円or年間4,900円)、NETFLIXやdTVなどを利用するならそれらの月額料金はかかりますが、Fire TV Stick自体は買い切りです。

さらにスゴいのはまるでスマホのようにアプリを追加することで、標準にはない様々な機能を追加することができるのです。それも便利なことに、わざわざFire TV Stickを使ってテレビでアプリダウンロードしなくても、パソコンやスマホを使って普通にAmazonアプリストアで欲しいアプリを選択すると、勝手にFire TV Stickに自動ダウンロードしてくれるんです。

Amazonアプリストア

で、今回はあるアプリを追加することでiPhoneやiPad、Macbookなどもテレビに映す、いわゆる「ミラーリング」を可能にする方法を中心にご紹介します。

先日の人気記事「Amazon Fire TV Stickを使って、MacbookやiPhone・iPadの画面をミラーリングしたレビュー」では、Fire TV Stickを買って試してみて成功しました。今回はその後継機種であるFire TV Stick 4Kでやってみて違いを見つけたいと考えたわけです。

これら2機種の違いはどんなもんなんでしょうか。スペックの違いはこんな感じです。

実は両方ともアレクサに対応していて、大きく違うのは画質面です。Fire TV Stick(第2世代)はいわゆるフルハイビジョンに普通に対応。Fire TV Stick4K(第3世代)は4Kに対応しているだけではなくHDRやDolby Visionなどに対応しています。HDRってのは簡単に言うと高コントラストの映像が見られるってもので、ややお高めなHDR対応の4Kテレビが必要です。

現在、4K放送といえばBS/CSのごく一部分だけなので物足りませんが、本当に4K画質を堪能したい人はAmazonプライムビデオやNetFlixで4K対応番組を観まくると幸せになれますね。

またサウンド面でも前者はDolby Audio対応なのに対し、後者はDolby Atomosに対応しています。

さらに注目したいのが、プロセッサのクロックが3割ほどアップしている点です。4Kのほうが操作したときのレスポンスが良くなっています

あと気付きにくい点としては、Fire TV Stick 4Kの保証期間は1年間なのに対して、Fire TV Stick無印は90日間となります。これは安心感が違いますね。

HDR対応の4Kテレビをお持ちでがっつりホームシアターを楽しみたいという方は容赦なくFire TV Stick4Kがオススメですが、私がやりたいミラーリング機能ではどのような違いがあるのでしょうか。詳しくは後編で。

 

Fire TV Stick4Kの開封レビュー

そんなわけでFire TV Stick 4Kを予約して発売日当日にゲットしました。

というわけで、毎度おなじみのAmazon箱が到着。

Fire TV Stick4Kのパッケージです。デザインは旧モデルと同じかな?

同梱内容はこんな感じ。Fire TV Stick4K本体、Alexa対応音声認識リモコン、単四電池2本、USB電源アダプタ(5V-1A)、USBケーブル、HDMI延長ケーブルです。必要なものは全て揃ってます。

持ってみます。ほんの少し大きくなったかな。でも本当にスゴいですよね。こんな小さいのに動画からミラーリングまでできてしまうとは。

タバコの箱と比べてみました。

旧モデルと並べて大きさを比較してみます。左が4K、右が旧モデルです。本体は旧モデルの方が小さく、リモコンは4Kの方が小さいです。まあどうでもいいレベルの違いですが。

横から見てみるとこんな感じです。下が4Kです。ちなみにFire TV StickにはミニUSB端子が1つありますが基本的に電源用です。基本的に、というのは有線LANアダプターを繋ぐこともできるからです。当然バッテリーは内蔵していません。

ご自宅の無線LANが不安定で、Fire TV Stickの動画が途切れるようなことがある場合は、無線でなく有線LANで使用することも可能です。アダプターにLANケーブルを刺し、上記ミニUSBポートにつなげます。少し安いだけの怪しいメーカー品もありますが、ハズレを引きたくない人は純正品がおすすめです。

Fire TV Stick4Kを実際に使ってみる

Fire TV Stick4KにHDMI延長ケーブルをつなげてテレビのHDMI端子に刺します。うちのテレビはHDMI端子が一つしかないのでヤマハのAVアンプに刺しました。AVアンプの方では何もしてないのに機種名が表示されるの素敵。ちなみに最近のヤマハのAVアンプは、いつのまにかアレクサにも対応していて超絶便利です。「Amazon Certified: Works with Alexa」と書かれているものがアレクサ対応機種です。

「ヤマハ AVアンプ」でAmazon検索

うちの液晶テレビのようにHDMI端子が一つしかないご家庭は、HDMIセレクター(切り替え器)を買うと幸せになれます。家電量販店では高いのですがネットでは安くなりました。さほど値段は変わらないので、これから買うならPS4Pro等も使える4K60Hz HDMI2.0 HDCP2.2対応品がオススメです。

 

さっそくFire TV Stick 4Kリモコンのペアリングするよう画面表示されました。リモコンのホームボタンを押しっぱなしをします。リモコンに電池を入れておくのをお忘れなく。

言語を選択します。もちろん日本語にします。

お次は無線LANの設定です。Fire TV Stick4KにはLANケーブルを刺すポートはなくWi-Fiでしかネットワークに参加できません(LANアダプターを使えば可能)。Wi-Fiルータの簡単接続ボタンWPSにも対応しています。

無線LANに接続したら、自動的に最新ソフトウェアへアップデートが開始されました。アップデート後の再起動も勝手にやってくれるので数分放置します。

正しく起動しました。起動画面が旧モデルと違うな。

Amazonで購入すれば何もしなくても私のAmazonアカウントが既に登録されていますので、「続行」ボタンで続けます。

「Wi-FiパスワードをAmazonに保存しますか?」とのこと。ほかにもAmazonタブレットのFire HDやKindleなどを使う方は「はい」にしておくと便利です。Amazonアカウントにご自宅のWi-Fiパスワードが紐付けされます。

機能制限について有効にするか制限なしにするか選択します。勝手にAmazonプライムビデオで有料映画を観られたりしたくない方は有効にします。

ちなみにAmazonプライムビデオにも成人向けコンテンツがありますが、初期設定では観れないよう制限されています。どうしても観たいスケベな方は、Fire TV Stick4Kの設定画面>環境設定>機能制限で解除します。

「お手持ちのTVのブランドは何ですか?」とのこと。Fire TV Stick4Kのリモコンには旧モデルにはなかったテレビの電源ボタンとボリュームボタンが追加されているので、その設定のためにテレビメーカーを選ぶ必要があります。

メーカーを選ぶと、すぐに付属リモコンでテレビの電源を入れてボリュームを変えられるようになりました。これ、地味に便利です。旧モデルではリモコンを二つ操作しなければならなかったので不便でしたからね。ちなみにこの最新FireTVリモコンは別売りしています。

この最新FireTVリモコンは前世代のリモコンで不評であった電池の持ちが大きく改善されているとネット上の口コミで話題になっています。電池が1週間持たない人もいたらしいですからね。

よし、これでセットアップ終了です。

セットアップが終わると、自動的にFire TV Stick4Kの使い方チュートリアル動画が流れます。2~3分かな。それが終わると、無料でダウンロードできるおすすめアプリの画面になります。

とりあえずWEBブラウザのFireFoxと、Spotifyだけ選択しました。豆知識ですが、わりと最近からYoutube公式アプリがFire TV Stickで使えなくなりました。そのためFireFoxでYoutubeを開くことでYoutube動画を楽しむことができるようになりました。または後述のAirReciverやvTUBEというアプリを入れてもYoutubeを見ることができます。

【追記】先日のアップデートで、Youtube公式アプリが使えるようになりました。これが入っていないFire TV Stick 4Kには自動インストールされるとのことです。

ようやくトップ画面が表示されました。Amazonプライム会員であれば、Amazon Prime Videoで「エヴァンゲリオン新劇場版:序」を無料で観ることが出来ます。※記事執筆時の情報です。

ちょっと動作確認がてらAmazon Musicを見てみます。Amazon Musicは、Amazonプライム会員になっていれば無料で聴き放題の音楽配信サービスです。4000万曲聴き放題のAmazon Music Unlimitedではないため聴ける曲は限られますが、それでも100万曲から楽しめます。

「お客さまにおすすめのアルバム」には女性J-POPアーティストばかり。aikoがないことが不満ですが、おいらが女性歌手が好きなの分かってますな。この辺はAmazonの閲覧履歴や購入履歴からバレてるのでしょうか。

Fire TV Stick4KからAmazon Musicを聴くとテレビに歌詞が表示されるんですな。気がつきませんでしたけど、これは便利。カラオケの練習にも使えそうです。

そしてリメイク版の銀河英雄伝説OVAもAmazonプライム会員ならAmazonプライムビデオで無料にて観れます。あとでじっくり観ようと思います。

ここまで操作して感じたのは、明らかにFire TV Stick無印よりも4Kの方が動作が速いことです。無印はリモコンでカーソルを動かしたとき、画面遷移するときに無印はごく微妙にモタる感じがありましたが、4Kでは大きく改善されています。

 

Fire TV Stick4Kでミラーリングをやってみた

トップ画面の「アプリ」をひらき、カテゴリ>ミュージックを選択して「AirPlay&UPnP」というアイコンを選択するとからAirRecieverを探すことができます。新規で購入される方は305円となります。他にも似たようなアプリがありますが、AirRecieverが一番安くて評価も高いのでこれは絶対買っておくこと。Fire TV StickにAmazonアカウントが登録済みのため、サクッと買えてインストールも簡単です。

AirRecieverダウンロード

私の場合は旧モデルでAirRecieverを購入済みでしたので、あらためてアプリ購入する必要がありません。そう、旧モデル(無印)で購入したアプリはFire TV Stick 4Kでもタダで使えるんです。iTunesStoreで購入したiPhoneアプリは、ほかの同じAppleIDで設定したiPhoneでも無料で使えますよね。それと同じです。

トップ画面にある「マイアプリ&ゲーム」には過去にインストールしたことのあるアプリが並びます。「AirPlay&UPnP」を選択します。

AirRecieverをダウンロードします。

AirRecieverを起動しても設定は何も必要ありません。試しにアプリを起動してもAirPlayなど対応したいサービスを有効無効にすることができるくらい。

AirRecieverをインストールすれば、AirPlay、AirTunes Audio(AirPort Expressスピーカー)。GoogleCast(ChromeCast)、DLNA(ネットワーク内の動画が見放題)、YouTube などの映像や音声をFire TV Stick 4Kから再生することが可能です。

 

Fire TV Stick 4K を使った端末別のミラーリング方法

iPhoneの画面をテレビにミラーリングする方法

それではiPhoneなどの各端末でのミラーリング表示方法をご紹介します。Fire TV Stick 4KにAirRecieverをインストールしてから行います。

まずはiPhoneの画面をテレビに映し出したいと思います。開く方法はiPhoneの画面下の方から上にスワイプするとコントロールセンターが開きます。こちらの「画面ミラーリング」をタップします。

「画面ミラーリング」にAppleTVのアイコンとともにIDのようなものがあるのでこちらをタップします。

ほら出た。iPhone側には何にもインストールや設定をしてないのに超かんたんにミラーリングできました。SNSやゲームだって大画面テレビで観れちゃう。

ミラーリング表示にタイムラグ(時間差)が0.5秒ほどあるのでアクション系ゲームや音ゲーは難しいですが、自分はiPhoneを見ながらゲームをやって、状況を周りのみんなにはテレビで見せるには充分です。

さらにオススメなのはミラーリングしたiPhoneのカメラを起動すると、当たり前ですがテレビに大きく映し出されます。やんちゃなうちの娘は、私の薄くなってきた頭を拡大してテレビに映してキャッキャ笑ってましたが。。。iPhone側で横位置表示にすれば画面全体に表示することも可能です。

これね、ご家庭でも楽しいですけど、お仕事でデモやプレゼンするときに便利だなって思いました。手元の製作作業や美容施術を皆さんに見せたりするためのCCDカメラ代わりになりますね。

iPad・iPad Pro・iPad miniの画面をテレビにミラーリングする方法

お次はiPadです。先日購入したばかりのiPad9.7インチはPUBGモバイル専用機になりつつありますが、大画面に映したいと思います。

iOS12以降のiPadでのコントロールセンターの出し方からご説明します。画面右上あたりに指を当ててから下に向かってスワイプするとコントロールセンターが出てきます。同じく「画面ミラーリング」をタップします。

そして同じく「画面ミラーリング」にAppleTVのアイコンとともにIDをタップします。

ほーら出た。やっぱPUBGモバイルかよと言わないでね。ちなみにFire TV Stick 4Kで画面の端が切れて表示されているのを直す方法がありますので後述しますね。

Androidスマホ・Androidタブレットの画面をテレビにミラーリングする方法

次はAndroidスマートフォンです。そう、iPhone・iPadだけでなくandroidスマホでもミラーリングできるんです。検証に使ったのは先日機種変更したばかりのXPERIA XZ1です。

画面上から下にスワイプすると出てくるAndroid版コントロールセンターにある「キャスト」をタップします。

「機器への画面のキャスト」と出ますので、「設定」をタップします。キャスト画面が表示されるのでやはりIDのようなものをタップします。

はい表示されました!やっぱ簡単だぜ?これもAndroid用ミラーリングアプリなんか何も入れていないのに便利過ぎます。

もちろん横位置表示にすれば画面全体に。てかまたPUBGモバイルだぜ?

Macbook Pro・Macbook Airなどの画面をテレビにミラーリングする方法

モバイル端末だけでなくMacbookだってFire TV Stick 4Kでミラーリングできます。

Macbook Airの画面をテレビに映し出したいと思います。画面上のステータスバーにあるAirPlayアイコン(四角に▲が刺さったようなアイコン)をクリックするとAirPlay出力先に出てきたやつをクリックします。

もしAirPlayアイコンが表示されない場合の表示方法は、Appleメニュー >「システム環境設定」>「ディスプレイ」の順に選択し、「使用可能な場合はメニューバーにミラーリングオプションを表示」チェックボックスを選択すれば表示されます。それでもダメならMacbookを一旦再起動しましょう。

ほら出た。何にも設定してないのに超かんたん。こちらもアプリインストール無しでミラーリングできました。

メニューバーのAirPlayアイコンをクリックして「個別のディスプレイとして使用」を選択すれば、拡張ディスプレイとしてマルチディスプレイ表示することができます。

Windows10ノートパソコンの画面をテレビにミラーリングする方法

Windows10パソコンだって簡単!です。AirRecieverにはGoogleCast機能もあるからです。

その前にGoogleCast(グーグルキャスト)とChromecast(クロームキャスト)の違いが分かりにくいので余談ですが簡単にご説明します。

Googleが発売しているドングル(Fire TV Stick 4Kのようなテレビに挿すやつ)の名前がChromecastで、Chromecastのアプリの一つをGoogle Castと言います。昔はChromecastのアプリがChromecastと呼ばれていたので訳分からんかったので2016年頃に改名したそうです。

GoogleCastはWindowsやMacにもインストール可能なブラウザChrome(クローム)にある「キャスト」を使うことで、ブラウザ画面だけでなくデスクトップをミラーリングすることができる機能があります。

というわけで、Fire TV Stick 4Kを使ったWindowsPCのミラーリング方法ですが、Chromeの画面右上にある「・」が3つタテに並んだ部分をクリックして「キャスト(C)」を選択します。ネットワーク検索後に「ソースを選択します」と出ますので、ブラウザを表示するかデスクトップを表示するか選ぶだけです。すみませんキャプチャは後日追加します。

ちなみにFire TV Stick無印にはMiracastというWi-Fi Allianceが策定したワイヤレスディスプレイ機能があったため、AirRecieverなどを使わなくても一部のWindowsパソコンでミラーリングができましたが、Fire TV Stick 4kではMiracastが削除されました。なのでWindowsパソコンをアプリ無しでミラーリングしたい方は、旧モデルのFire TV Stickを購入するか、Miracastドングルを購入する必要があります。

【追記】2019年4月頃のアップデートにより、MiracastがFire TV Stick 4Kでも使えるようになりました。自動アップデートで適用されます。

 

Fire TV Stick4Kでミラーリングができない場合の解決方法

ネットの書き込みを見ると、Fire TV Stick4Kでミラーリングできない、Fire TV Stickが携帯端末を認識しない、という方がたまにいらっしゃいますので、解決方法というか確認方法をお話しします。

Fire TV Stick4Kは無線LANに接続されていることが前提です。またミラーリング接続しようとしているiPhoneなどの端末もFire TV Stick4Kと同じ無線LANルータの同じネットワークに繋がっていることが大前提となります。これ重要ですよ。

たまにFire TV Stick4Kは無線LANに接続されているけど、iPhoneはWi-Fi接続ではなくLTEモバイルデータ通信になっていることがありますのでチェックしてみて下さい。iPhone側でWi-Fiがオフになっていたらオンにしてください。

あとは、同じ無線LANに繋がっているけど、iPhoneは11acに繋がっているのにFire TV Stickは11gに繋がっているようなとき、かつ無線ルータでネットワーク分離機能がオンになっているような場合です。こうなると別々のネットワークに繋がっていることになりますので、無線LANルーターの設定を確認してみて下さい。

Fire TV Stick4Kを買ったら必ずやっておきたい初期設定の設定方法

ミラーリングのお話は終わりなのですが、Fire TV Stick 4Kで必ず行っておくべき初期設定をご紹介します。

設定>ディスプレイとサウンド にて、「ディスプレイ」を選択します。

せっかくの4K画質だからできる限り高画質で見たいですよね。「色深度」はお持ちのテレビによって変更した方がいいでしょう。うちのような安物のテレビなら8ビットでいいのですが、高画質テレビの場合は最大10ビットまたは12ビットに変更します。

あとチェックしておくべきは「キャリブレーション」です。上記記事で画面の端が切れてしまっているのがありますが、これはFire TV Stickが映し出そうとしている画面領域が、実際のテレビの画面領域よりも広くなってしまっていることが原因です。開いてみるとこんな感じで矢印の先っぽが切れています。

丸いナビゲーションボタンの上下を押して調整すると直すことができます。

まとめ

iPhoneやiPad、Androidスマホ、タブレット、パソコンに入っている動画を大画面テレビで家族や友だちと一緒に観れるのは本当に便利ですね。

なにがすごいって、Fire TV Stick4KにはAirRecieverをインストールしましたが、ミラーリングをするためにこれら携帯端末やパソコンには何もインストールしてないってことです。

だから友だちや家族のスマホをちょっとテレビに映したい、なんてときもWi-Fiにつないでもらって上記の簡単なミラーリング操作をするだけで使えちゃうんです。お小遣い制のお父さんも「子どもも楽しめるから」という理由で購入できますね。

お仕事にもミラーリングは使えます。会議室のPCモニターにFire TV Stick4Kを刺しておき、かつゲスト用Wi-Fiにつないでおけば、自分のパソコンやスマホだけでなく、お客さんの端末だって表示できます。会議室ってVGAケーブルとHDMIケーブルが転がってて見栄え悪いじゃないですか。これならケーブルレスでプレゼンデモができますね。

ただ、会社で使う場合は、会社用のAmazonアカウントに設定し直しておいて、かつ勝手に買い物されたりしないために機能制限を必ずかけておきましょう。アカウントの切り替え方法などはまた別の機会にご紹介しますね。

そしてFire TV StickとFire TV Stick 4Kの違いとしては、「シアター向け映像処理ができる」「Dolby Atomos対応」「リモコンにボリュームボタンが追加した」「Windowsのミラーリング・拡張ディスプレイができなくなった」という4点以外の違いはほとんどないことも分かりました。

4Kテレビをお持ちでない方はFire TV Stick 4Kを買う必要性は微妙と言えます。でも、CPUがアップしているので体感できるほど反応速度は向上しています。それに例えば2年後には4Kテレビを買っているかもしれない、と考えると、どうせ買うならFire TV Stick 4Kにしておいたほうがいいんじゃないかと思います。

というわけで、本日ご紹介したアイテムのおさらいです。まずは主役のFire TV Stick 4Kはこちら。

Fire TV Stick 4Kを安心して長く使いたい方は、Fire TV Stick 4K購入時に延長保証に入っておくと吉。2年と3年が選べます。

今回ご紹介はしていませんが、ご自宅で何も4Kテレビを買わなくても、価格がだだ下がりしている4Kのパソコン用ディスプレイのHDMIポートに刺してもいいですね。机にも置けるぎりぎり大きいサイズとなると27インチでしょうか。4Kテレビでは高級機に搭載されているHDR10ビット機能などもPCディスプレイならお安く買えます。

「いやいや、うちには4K対応テレビは必要ないし、Windowsパソコンでもミラーリングしたいんだ!」という方には朗報です。もともと4,980円だったFire TV Stick無印が1,000円引きになっています。在庫がなくなる前にゲットしときますか?

Fire TV Stick無印を既にお持ちで4Kに買い換える気がない人も、新型Fire TVリモコンを買うと便利です。電池の持ちも改善されているそうです。うちの旧式リモコンは別に問題なかったんですが。

せっかくだからAVアンプを買って、お部屋でシアター体験するんだぜ?という方はアレクサにも対応したこちらがオススメ。高音質なAVアンプが本当に安くなりました。大音量出さなくても全然違いますよ。

 

以上、最後までご覧下さり誠にありがとうございました。

オニオン座のオススメ記事

1

この記事では、Amazonプライム会員になるメリットとデメリットを整理してご紹介します。配送料無料やAmazonビデオ、Amazonミュージックなどのサービスははたして会費に見合うものなのでしょうか。 …

2

先日、スマホで使えるAudible (オーディブル)というオーディオブックサービスが1ヶ月無料という情報を聞いたので、実際に申し込んで本を購入してみました。ついでに解約方法も確認しておきました。 この …

3

このブログ「オニオン座」では、便利グッズや役立ちアイテムのレビュー記事を掲載しています。普段から自腹で購入したグッズで気に入ったものしか紹介していませんが、そのなかでも今回は「Amazonで買って良か …

-ハードウェア, iPad-iPhone, オーディオビジュアル, スマートフォン
-, ,

Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.

Copyright© パパママ世代応援ブログ:オニオン座 , 2019 All Rights Reserved.