ハードウェア iPad-iPhone mac オーディオビジュアル スマートフォン 動画関連

Amazon Fire TV Stickを使って、MacbookやiPhone・iPadの画面をミラーリングしたレビュー

更新日:

amazon fire TV stick

というわけでAmazon fire TV stickを買ってみました。私の主な目的はMacbookの画面をテレビに表示させる、いわゆるミラーリングをしてみたかったからです。

普通、Amazon fire TV stickを買うならばテレビでネット動画番組を見ることが目的の方が多いと思いますが、実はそれだけではAmazon fire TV stickの魅力を半分しか発揮していないわけです。さっそくミラーリングの設定方法をご紹介します。

【追記】Amazon fire TV stickが2018年12月にアレクサAlexaに対応しました!アレクサAlexaを使いたいだけなら、わざわざ新しい4K対応のFire Stickは買わなくても大丈夫です。逆に値下がりしたFire Stickが買い時です。詳しくは文末に追記します。

 

Amazon Fire TV Stickを使って、MacbookやiPhone・iPadの画面をミラーリングしたレビュー

Amazon fire TV stickならパソコンやスマホの画面をテレビに映し出せる?

Amazon fire TV stickを買った理由は、小学生の娘の服を買うのによくネット通販を利用しますが、そのときにMacbookの画面をテレビに大きく映し出しながらネットショッピングできればいいなあと思ったからです。家族旅行の打ち合わせなんかにも便利そうだし。できることならiPhoneの画面もテレビで観れたらいいなあと。

いわゆるミラーリングってやつですね。パソコンやスマホ(iPhone/iPad)の画面をテレビに映そうって話です。

ちょっと調べてみると、WindowsやAndroidスマホの画面をテレビにミラーリングだけならGoogle ChromeCastとか選択肢がたくさんあるようです。Miracastなんかは怪しい中華ドングルも売られていますし。

ですが、Google ChromeCastやMiracast機器はMacやiOSには対応していません。なのでMacbookやiOSの画面をテレビにミラーリングするには、AppleTVが必要なんだと思い込んでいました。かといってミラーリングだけのために2万円超のAppleTVを買うのには躊躇していました。Macで使い倒すだけならAppleTVがベストなんですけどね。

そんなとき、Amazon fire TV stickにAirPlayアプリを入れればいいんじゃね?というブログ記事を読み、実際にやってみたかったわけです。Fire StickはAndroid OS(カスタマイズ版)を搭載していますから、アプリを追加すれば色んなことができちゃうんです。

私はAmazonプライム会員にもなっているのでプライムビデオも見放題だから、もしミラーリングがうまくいかなくても無駄にはならないかなと思いまして試してみました。

 

Amazon fire TV stickの開封レビュー

そんなわけでAmazonでポチりました。税込み4,980円でした。もちろん送料無料。衝動買いができる価格に感謝。楽天やYahoo!ショッピングでも購入できるので、楽天ポイントやTポイントを使えます。

ちなみに当記事自体は4K付属リモコンが同梱されていない頃のお話ですが、現在は4K付属リモコンが同梱されています。

我が家にfire TV stickが到着しました。相変わらずの過剰梱包にも慣れてきましたね。

amazon fire TV stick

Amazon fire TV stickのパッケージはこんな感じ。

amazon fire TV stickパッケージおもて

裏はこんな感じ。

amazon fire TV stickパッケージ裏

同梱物は、音声対応リモコン、リモコン用単三電池、HDMI延長ケーブル、ACアダプタ、充電用USBケーブルといったところ。必要なものは全て揃っています。

amazon fire TV stickの付属品

ちなみにACアダプタは5V1Aのものなのでスマホ用のACアダプタなんかでも代用が可能。

amazon fire TV stickのACアダプター

しかし実際に手に取ってみると本当に小さい。これにAndroid OSで動くコンピュータが入っているわけですな。

amazon fire TV stickのサイズ

たばこと大きさを比較してみました。太めのライターくらいの大きさですな。

amazon fire TV stickのサイズ

 

実際にAmazon fire TV stickを使ってみた。

取り扱い説明書も読まず、とりあえず我が家のAVアンプ(YAMAHA RX-V781)のHDMI端子にぶっさします。すると何も設定していないのに勝手に「Fire TV Stick」と認識されました。こういうの素敵。AVアンプをお持ちでない方はご家庭の液晶テレビにあるHDMI端子に直接刺します。

AVアンプにamazon fire TV stickを刺した

ちなみにAlexsaにも対応しているスーパー便利で高音質なAVアンプのお話は↓にて。

HDMI端子に刺しただけなのに、テレビ画面を見てみると早くもセットアップが始まってます。

amazon fire TV stick起動画面

あわててリモコンに電池を入れ、ホームボタンを長押しして認識させます。

amazon fire TV stickのリモコン

おお、起動した。

amazon fire TV stickの起動画面

言語選択画面です。日本語にセットして・・・

amazon fire TV stickの起動画面

ネットワーク接続設定画面です。勝手にWi-Fiをつかもうとしているので、男らしくWPSなんざ使わずにAPを直接指定します。

amazon fire TV stickのネットワーク設定

リモコンの矢印ボタンを使ってWi-Fiのパスワードを入力していきます。

amazon fire TV stickのWi-Fi設定

つながるか、、つながるか、、

amazon fire TV stickネットワーク設定

つながると既に私のアカウントが登録されているらしく、私の本名が表示されました。

なお、より無線環境が不安定な場所や無線LANのない環境でFire TV Stickを使用する場合は、このようなアダプターを使用します。アダプターに有線LANケーブルを刺し、アダプターとFire TV StickはUSBで接続します。もちろんFire TV Stick 4kでも使えます。

AmazonからFire TV Stickなどの端末を購入するとアカウント設定済みで送られてきます。このままアカウントを選択でOKっと。。

amazon fire TV stickアカウント選択画面

Wi-Fiのパスワードをアマゾンに保存しますか?とのこと。おそらく他のKindleとか買ったら自動的に同期されるんでしょうな。とりあえず「いいえ」で。

amazon fire TV stickパスワード画面

機能制限の選択画面となります。Fire TV Stickで1クリック購入などをさせたくない場合は機能制限を有効にします。うちの場合は機能制限なしにしました。

amazon fire TV stickの機能制限設定

ちなみに、Fire TV Stickではムフフな成人向けコンテンツがデフォルトで制限されているので、観たい人は設定→環境設定→機能制限で設定変更が必要とのこと。

すると突然、普通に使えるようになりました。うちのテレビがパソコンになったみたいです。なんと簡単な。試しにiPadで途中まで観てたアマゾンプライムビデオのガンダムオリジンを選択してみると・・・

amazon fire TV stickの動画トップ画面

おお、月面で暴れる赤いザクがテレビ画面いっぱいに現れますた。プライムビデオはガンダムオリジンのⅠ~Ⅳまで見放題なのは嬉しい。

amazon fire TV stickで動画鑑賞

嫁は64が観たいと申しておりました。どうぞどうぞ。

amazon fire TV stickで動画が観れる

ちなみにAmazonをブラウザで開くと、過去にAmazonで購入した商品や興味がありそうな商品が表示されますが、Fire TV Stickの画面上にはそれらは表示されません。個人の趣味が家族にバレずにすみます。

Fire TV Stickのネット接続や表示が成功したところで、お次はFire TV StickにAirPlayアプリをインストールしたいと思います。

画面上のメニューから「アプリ」を選択して、AirPlayアプリを探してみるとAirRecieverがありました。評価が一番高そうなのでこれに決定。AirPlayとGoogleCastに対応しているのにたった300円でした。Amazonアカウント認証も既に済んでいるので支払い情報の入力もすることなくサクサクとインストール開始。

→AirRecieverを見る

amazon fire TV stickでAirReciverダウンロード

ちなみにFire TV Stickの便利なところは、パソコンでAmazonのサイトからFire TV Stickアプリを申込み又は購入すると、勝手にFire TV Stickにダウンロード&インストールされるところです。わざわざFire TV Stickのブラウザからアプリを買わなくていいのは気軽でいいですね。

するとMacbook AirのメニューバーにあるAirPlayの出力先に見慣れぬ「AFTT-4」が出現。よく分かりませんが選択してみます。

amazon fire TV stickでAirPlay

うわ。テレビ画面にMacbook Airの内容が表示されました。あっさり成功。

amazon fire TV stickでAirPlay

ついでにiPad miniの「画面ミラーリング」を見てみますと・・・

amazon fire TV stickでiPadをミラーリング

同じように「AFTT-4」が出現。おもむろにタップします。

amazon fire TV stickでiPadをミラーリング

出た。こいつもあっさりとミラーリング成功。設定は何もしていないのにここまで簡単とは素晴らしい。

amazon fire TV stickでiPadをミラーリング

さらにAndroidスマホでもFire TV Stickでミラーリングすることが出来るか試してみました。

テストに使用したのはSony Xperia XZ(SO-01J)です。画面縦方向にスワイプしてメニューを出して「キャスト」をタップします。

「機器への画面のキャスト」でAFTT-1 AirRecieverが表示されますのでこれをタップします。

来たコレ。Androidスマホの画面をテレビにミラーリングすることができました。

横位置のアプリやゲームを起動するとこうなります。

Fire TV Stickでスマホ画面をミラーリングした際の画面の反応速度は早いとは言えません。特にコマ落ちはしませんがワンテンポ遅れて表示されます。特にFPSゲームなどはプレイ自体はスマホ画面を見て行い、それを周りの人に見てもらうくらいの感覚でされた方がいいと思います。

ちなみにFire TV StickにはMiracast機能がありますので、Windows10のパソコン画面はAirRecieverを使わずにミラーリングすることができます

Fire TV Stickで「設定」>「ディスプレイとサウンド」>「ディスプレイミラーリングを有効にする」にした状態で、Windows10画面右下の吹き出しアイコン>「接続」>「ワイヤレスディスプレイに接続する」をすればミラーリングが可能です。

ただしちょっと古いパソコンではWindows10を入れていてもMiracastに対応しないものがあります。非対応のパソコンではWindows10画面右下の吹き出しアイコンに「接続」が表示されません。うちのレッツノートCF-J10・CF-MX3も非対応でした。

あと少し紛らわしいのですが、標準機能としてMiracast機能があるのはFire TV Stick(第2世代)の方だけです。4Kに対応した新型のFire TV Stick 4Kの方ではMiracast機能がありません。

でもAirRecieverなどのアプリを入れればFire TV Stick 4KでもWindows10からミラーリングすることが可能です。

→AirRecieverを見る

【追記】
2018年12月に発売された新型のFire TV Stick 4K は、アレクサに対応しているということで話題になりました。

ところが従来のFire TV Stickもアレクサに対応開始となりました。特にファームウェアアップデートとかは不要です。

もともと従来のFire TV Stickも音声認識リモコンが付属していてアレクサに対応していましたが、米Amazonアカウントの場合にのみ英語で利用が可能だったのです。4K発売を機に今回、日本のAmazonアカウントでの日本語対応を果たしたのです。

ということで、アレクサが使いたいがために新型のFire TV Stick 4K を買う必要はありません。私は買っちゃいましたけどね。4Kの方が少しだけ動作が早いし。

ただしFire TV Stick 4Kのリモコンは大変便利になりました。4Kリモコンだけでの販売もしていますのでよかったらご確認ください。

 

新型のFire TV Stick 4K と従来の新型のFire TV Stickとの比較記事はこちらです。

関連記事:Amazon Fire TV Stick 4KでもiPhone・Androidスマホ・パソコンのミラーリングが簡単すぎる件(旧モデルとの比較と開封レビューほか)

まとめ

AppleTVを買わなくてもFire TV Stickに300円のアプリを入れるだけで、MacbookやiPhone/iPad/Androidの画面をミラーリングすることができました。ミラーリングをすると画面はもちろん音声もテレビから出力されますので、iPhoneに入っている曲をテレビで聴くこともできますね。

とにかく、あまりの簡単さに感動すら覚えました。少しくらい詳しくないと使いこなせないデジタルガジェットではなく、もはや家電の域です。Wi-Fi設定ってなんじゃそりゃ?という人でなければ誰にでも使えます。

4Kに対応した新型のFire TV Stickも発売されていますが、普通にHD画質のビデオが観れて、パソコンとミラーリングしたいだけなら全然こっちで十分だと思います。

こんなに簡単に安くミラーリングできるなら早くやっておけばよかったと思う文鳥でした。

今なら4Kに付属しているテレビリモコン機能付きリモコンが同梱されています。

でも、せっかく買うんだから最新型がいいんだぜ?という方には4K対応のこちらがオススメです。4K Ultra HD、Dolby Vision、HDR、HDR10+、Dolby Atmos対応でCPUも高速になっていて、無印よりも動作が俊敏になります(クアッド1.3GHz→クアッド1.7GHz)。

ミラーリング目的であったとしても、せっかくFire Stickを買うなら、Amazonプライムビデオを観れるようにしておいたほうが便利ですね。

Amazonプライム会員(年間4900円 or 月額500円)に加入すると色んな特典があるわけですが、そのなかのひとつとしてAmazonプライムビデオが見放題になるわけです。

実際、うちなんかはdtvHulu、Netflixと試してきましたが全部解約してAmazonプライムビデオだけにしちゃいました。1ヶ月の無料期間もありますのでとりあえずお試しあれ。

→Amazonプライムビデオ

【次回予告】

Alexsa音声認識リモコン付きの新型Fire Stick 4K が発売されましたので既にポチりました。発売されたら速攻購入してレポートしたいと思います。乞うご期待!

新型のFire TV Stick 4K と従来の新型のFire TV Stickとの比較記事はこちらです。

関連記事:Amazon Fire TV Stick 4KでもiPhone・Androidスマホ・パソコンのミラーリングが簡単すぎる件(旧モデルとの比較と開封レビューほか)

 

以上、最後までご覧くださり誠にありがとうございました。ほかにもガジェットネタなどをご用意していますのでお時間のある限りごゆっくりどうぞ。

-ハードウェア, iPad-iPhone, mac, オーディオビジュアル, スマートフォン, 動画関連
-, , , ,

Copyright© パパママ世代応援ブログ:オニオン座 , 2019 All Rights Reserved.