スマートフォン ハードウェア

FreecomのデュアルUSBメモリー「OTG Tiny USB3.0」で、Androidスマホが便利すぎる件

20150223_OTG_003

最近、すごく便利なガジェットを手に入れたので記事にします。

電車通勤の際に、Androidスマホに入れておいた動画をよく観るのですが困ったことがあります。スマホには32GBのmicroSDXCカードを差してありますが、容量がすぐ足りなくなってしまうんです。

というのも普段よく聞く音楽データが入っていて(ロスレスデータなのでわりと20GB位)、あとは写真やらデータやらが入っていて、自由に出来る空き容量があまりないからです。

FreecomのデュアルUSBメモリー「OTG Tiny USB3.0」で、Androidスマホが便利すぎる件

そんな残り少ない空き容量(数GB)のなかで、通勤中に観たい動画をパソコンから入れては、観たら消しての繰り返しがとても面倒です。

なんか良い方法ないかな。。。とモヤモヤしていたとき、ある筋からフリーコムの「OTG Tiny USB3.0」をゲットしました。2015年2月に発売されたばかりの新製品です。

手に取った印象としては、めっちゃ小さいUSBメモリーだなぁって。へえ。microUSB端子が付いてるんだねぇ。ふぅん。ってくらい。

で、よく見てみるとボディの後ろの方もUSBメモリーになっている。それも青いからUSB3.0に対応。何コレ?

 

謎のUSBメモリー、OTGとは?

OTGって聞いたことがあるようなないような。ウィキペディア先生に聞いてみました。

USB On-The-Go(略してUSB OTG)は、USB機器どうしを直接接続するインタフェース規格である。パソコン等をホストとせずに、動作時にホスト機器を動的に切り替える機能を拡張したもの。 IEEE 1394のように直接接続できるので、いろいろな機器に応用できる。
2001年12月18日に発行されたUSB OTG 2.0 Revision 1.0 は High Speed (480Mbps) がオプション扱いとなっていたが[1]、2009年5月8日に発行された USB OTG 2.0 Revision 2.0 では High Speed を含み[2]、2011年7月1日に発行された USB OTG 3.0 では SuperSpeed (5Gbps) を含む。

なんだかよく分からないんだぜ?どうやらパソコンではないもの、例えばスマホとかデジカメとかに直結できるUSB規格ということらしい。ただしそれらにUSBホスト機能が付いていることが条件のようです。

とりあえず私のスマホには対応しているようなので実際に試してみました。

FreecomのデュアルUSBメモリー「OTG Tiny USB3.0」を使ってみた

今回ゲットしたのは32GB版です。開封の儀を執り行います。
まずパッケージは良い感じ。ストラップも付いてますね。

20150223_OTG_003

開封してみました。シルバー色のヘアライン加工っていうんですかね。愛機のMacbook Airとも合いそう。

20150223_OTG_005

キャップを外して、microUSB端子側はこんな感じ。

20150223_OTG_011
標準USB端子(USB3.0)の方はこんな感じ。

20150223_OTG_010

しつこいようですが、めっちゃ小さい。

20150223_OTG_024
でわでわMacbook Airに差してみます。いつもながらアップル純正なんじゃね?というくらいMacに似合うのはフリーコムの好きなところ。

20150223_OTG_017

VERBATIMというディスクアイコンが現れます。

20150223_OTG_PC_004

NASにある動画ファイルフォルダを開いて、VERBATIMフォルダにドラッグコピーをします。

20150223_OTG_PC_006

コピーしてます。コピースピードも体感的にまずまず早いです。さすがUSB3.0です。

20150223_OTG_PC_001

取り外して、今度はスマホに差します。

20150223_OTG_023

そうすると画面上にUSBメモリーのマークが表示されます。ちなみにスマホはドコモのSH-01F(Android4.2、2013年冬春モデル)です。

20150223_OTG_SMT_004

おもむろに定番のフリー動画プレイヤー「VLC」を開いてみます。

20150223_OTG_SMT_005_2

下の方にある20140407_00026と20140407_00026が、今回コピーしたファイルです。
(USBメモリーから直接開いているのでサムネイルがありません)

20150223_OTG_SMT_006_2

タップすると普通に再生できます。

20150223_OTG_SMT_009

すんごくあっけない。ノントラブルで使えました。
パソコンからスマホへコピーをすることなく、OTGメモリー上でそのまま再生できるので非常に便利です。

ベンチマークを取ってみた

こんな小さくて性能的にはどうなんだろう?ちょっと気になってUSB3.0ポートの方で速度を測ってみました。

ベンチマーク

-----------------------------------------------------------------------
CrystalDiskMark 3.0.3 x64 (C) 2007-2013 hiyohiyo
Crystal Dew World : http://crystalmark.info/
-----------------------------------------------------------------------
* MB/s = 1,000,000 byte/s [SATA/300 = 300,000,000 byte/s]

Sequential Read : 121.209 MB/s
Sequential Write : 20.637 MB/s
Random Read 512KB : 114.903 MB/s
Random Write 512KB : 1.095 MB/s
Random Read 4KB (QD=1) : 8.734 MB/s [ 2132.3 IOPS]
Random Write 4KB (QD=1) : 0.008 MB/s [ 1.9 IOPS]
Random Read 4KB (QD=32) : 7.422 MB/s [ 1812.1 IOPS]
Random Write 4KB (QD=32) : 0.011 MB/s [ 2.7 IOPS]

Test : 1000 MB [E: 0.0% (0.0/28.8 GB)] (x5)
OS : Windows 7 Professional SP1 [6.1 Build 7601] (x64)

 

参考までに、今まで常用していたUSB3.0メモリー(ノーブランド)の速度はこちらです。

ベンチマーク

-----------------------------------------------------------------------
CrystalDiskMark 3.0.3 x64 (C) 2007-2013 hiyohiyo
Crystal Dew World : http://crystalmark.info/
-----------------------------------------------------------------------
* MB/s = 1,000,000 byte/s [SATA/300 = 300,000,000 byte/s]

Sequential Read : 81.291 MB/s
Sequential Write : 25.831 MB/s
Random Read 512KB : 74.948 MB/s
Random Write 512KB : 1.685 MB/s
Random Read 4KB (QD=1) : 13.511 MB/s [ 3298.7 IOPS]
Random Write 4KB (QD=1) : 0.014 MB/s [ 3.4 IOPS]
Random Read 4KB (QD=32) : 16.473 MB/s [ 4021.6 IOPS]
Random Write 4KB (QD=32) : 0.014 MB/s [ 3.4 IOPS]

Test : 1000 MB [E: 91.7% (27.0/29.5 GB)] (x5)
OS : Windows 7 Professional SP1 [6.1 Build 7601] (x64)
※どっちもFAT32フォーマット、普段使いのままでの計測です。

比較結果としては、OTGは読み込みが早いようですね。シーケンシャルで120MB/S超えていますので実用上は充分ではないでしょうか。

まとめ

寝る前にパソコンからOTGに動画ファイルをコピー開始しておき、朝にパソコンから抜いて、電車の中でスマホに差してそのまま再生ということができます。これがね、めっちゃ便利なんです。

もちろんスマホのデータをパソコンにバックアップをしたりするのにも便利です。Wi-Fiで行うよりも高速で行えます。

ちなみに現時点、32GBが2,980円、64GBが4,480円で販売されているようです。もう一本買っちゃおうかしら。

 

iPhoneなどのライトニング端子に対応したOTGメモリもあります。


2020/7/19

低価格帯(5,000円以下)で超オススメなカナルイヤホン「final E3000」のマイク付きモデル「E3000C」を買ってみたよレビュー

これまで多くの中華イヤホンレビュー記事を書いてきた中で、何度か「もし国内メーカーの低価格帯イヤホンを買うならFinal(ファイナル)がオススメ」とお伝えしました。しかし実は自分で買っておらず、店頭で数回試聴しての判断でした。リファレンスイヤホンはオーディオテクニカのATH-IM03&ATH-IM04だし、奇想天外ながらハズレの少ない中華イヤホンKZを買うことが多かったから、あまり他の低価格帯イヤホンを購入する機会がなかったのです。 そんなある日、中学生になる娘から「iPhoneのイヤホンが壊れたから、新し ...

続きを読む

2020/6/18

iPad Proでイヤホンを使いながら充電する方法は、便利なUSB Type-Cアダプターやハブを使うべし

2018年以降に発売されたiPad Pro 11/12.9インチにはイヤホンジャックが無く、USB Type-Cポートが一つあるだけです。USB Type-Cからイヤホンジャックへ変換するケーブル・アダプターは存在しますが、充電しながらイヤホンが使えないと思ってしまっている方はいらっしゃらないでしょうか。 実際に家電量販店やケータイショップ、はたまたAppleストアを見ていても、充電しながらイヤホンを使えるアダプターは見つけることが出来ません。しかし、Amazonや楽天、Yahoo!などのネットショップで ...

続きを読む

2020/6/8

ドコモケータイ補償サービスでAndroidスマホを交換修理したけど、もう二度と使わないと思った話

この記事では、ドコモスマートフォンのケータイ補償サービスを実際に使ってみて、申し込み手続き方法や設定環境移行について、故障品の返却について、そして分かりにくいケータイ補償サービスの違いをレポートします。 毎月、保険料のようなかたちでケータイ補償サービスの掛け金を払ってきましたが、今回試してみてかなり残念な一面もありましたので参考になればと思います。

続きを読む

2020/9/4

iPhone/iPad/Android/Mac/Windowsの画面を家庭用テレビ・モニターディスプレイ・パソコンへ映し出すミラーリング方法まとめ

iPhoneやiPadシリーズ、あるいはAndroidスマホ・タブレットなどの携帯端末画面を他の人に見せる方法をご紹介します。また、自宅の大型テレビでパソコンの画面を映し出したり、プレゼンなどで会議室の大型ディスプレイやプロジェクターに出力することも可能になります。 これら携帯端末やパソコンの画面を大きな家庭用テレビや大型PCディスプレイに映し出すことを「ミラーリング」と言いますが、その方法は様々です。端末やコネクタージャックの種類、無線か有線かによっても方法が異なり、それぞれメリット・デメリットが存在し ...

続きを読む

2020/9/18

PUBGモバイルなどのゲームと、Discordなどのボイスチャットアプリを併用する方法が分かったよ

音声ミキサーやパソコンを使わずに、PUBGモバイルの音を聞きながらDiscordなどのボイスチャットアプリで仲間と話せる方法をご紹介します。その解決方法は、意外なイヤホンを使うというものでした。 PUBGモバイルが楽しすぎて5シーズン連続でエースランクを取り続け、次シーズンこそ征服者になってみようと頑張っていますが、一つだけ悩みがありました。それはPUBGモバイルとDiscordを併用すると、PUBGモバイルの音声がモノラルで聞こえてしまうことでした。

続きを読む

人気記事

1

この記事では、新発売のFire TV Stick4K(第3世代)で、前機種Fire TV Stick無印と同じようにスマートフォンのミラーリングができるかどうかを使い方を試してみました。また前機種との ...

2

Macbook Air 2013 Earlyを長らく使っていましたが、ついに新しいMacノートを買いました。Macbook Air 13inch 2018です。ついでにWindows10をインストール ...

3

先日、スマホで使えるAudible (オーディブル)というオーディオブックサービスが1ヶ月無料という情報を聞いたので、実際に申し込んで本を購入してみました。ついでに解約方法も確認しておきました。 新型 ...

-スマートフォン, ハードウェア
-, , , , ,

Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.

© 2020 パパママ世代応援ブログ:オニオン座