お茶好きでも納得の美味しいペットボトルのお茶が、ネットショップなら安く買えるのでオススメしたい件

ナイスアイテム

ガジェットレビューが続いたので、ここで美味しいお茶で一服。以前、コンビニやスーパーマーケット、自動販売機で買えるようなベーシックなお茶は、ネットショップで安く買えるという記事を書きました。今回は、お茶にこだわりのある方でも喜びそうな、若干マイナーだけど美味しい500mlペットボトルのお茶が意外と簡単にネットショップで買える、というお話です。

お茶が好きな方は、お店やネットで茶葉を買っていると思います。でも、一般的な日本茶よりも高価だし、作るのも面倒なときがありますよね。手軽に持ち運べるペットボトルでそんなお茶があったら安くて楽ちんです。

そんな、ちょっと独特で珍しいペットボトルのお茶を買いたいと思ったら、例えば成城石井とかカルディー、ナチュラルローソンあたりの実店舗かネットショップでなければ見つからないと思ってませんか。

実は、普通にアマゾンや楽天などのネットでも、そんな珍しいお茶を買うことができます。当記事では、その一例として、オニオン座がオススメのペットボトルお茶をご紹介します。

※今回ご紹介するペットボトルのお茶は、いずれも無糖で砂糖も人工甘味料も無添加です。

お茶好きでも納得の美味しいペットボトルのお茶が、ネットショップなら安く買えるのでオススメしたい件

ハイピース 台湾烏龍 凍頂四季春茶(盛田株式会社)

ハイピース 台湾烏龍 凍頂四季春茶の公式サイトより。ペットボトルの中国茶では最高峰にうまい

ハイピース 台湾烏龍 凍頂四季春茶の公式サイトより。ペットボトルの中国茶では最高峰にうまい

成城石井やナチュラルローソンでも販売されている台湾の烏龍茶です。大きくは高級な凍頂ウーロン茶のカテゴリーに属するので、茶葉で買うと非常に高価な「四季春茶」を使用しています。

龍井茶(ロンジンチャ)のような奥行きと深みを感じさせながら土や苔の香りはわずかで、極めて華やかに香ります。そして口の中の脂を取りきらないほどよいサッパリさを感じさせます。さらに茶葉発酵度が20~30%と低めなことから、すっきりとしています。

スーパーなどでは売られていないので、基本的に1本150円ほどで一部の店舗で買うことができますが、ネットショップで購入すれば120円ほどで買えます。四季春茶を茶葉で買うと高いのでめちゃめちゃお得です。

オニオン座はナチュラルローソンでこの「台湾烏龍 凍頂四季春茶」を知り、ネットショップで定期的に購入しています

ちなみに、「ハイピースってなんやねん。神戸居留地みたいな格安ドリンクブランドか?」と疑ってましたが、調べてみると、寛文5年(1665年)に清酒造りを開始した350年を超えるロングラン企業の盛田株式会社のブランドで、ハイピースは福井県の越前山系の天然水を使用した飲料ブランドなのだそうです。たしかに飲んでみると水が美味い感じがするのは納得。

パラダイスティー(UCC上島珈琲)

UCC パラダイスティーの公式サイトより。強すぎずゴクゴクいける、フラワーフレーバーのオススメティー。レンジで温めてもおいしい

UCC パラダイスティーの公式サイトより。強すぎずゴクゴクいける、フラワーフレーバーのオススメティー。レンジで温めてもおいしい

UCCパラダイスティーは、40年ほど前、まだファミリーレストランが若干高級店と言われていたような古き時代に、ロイヤルホストで提供が開始されたハーブティーです。紅茶をベースに、サフラワー・ローズ・コーンフラワー・マリーゴールドの華やぐ香りの4種類のハーブをブレンドしてあります。

一部の成城石井的なお店では稀に見かけますが、一般流通はほとんど行われていないと言ってもいいくらいレアな紅茶ドリンクです。

後味というか後香りが苦手で、香料が入ったハーブティーやレモンティーなどのフルーツティーが好きではありませんが、唯一、このパラダイスティーなら心地よく飲むことができます。それくらい押し付けがましく、それでいて華やかなハーブフレーバーが、クセがなくボディーのしっかりした紅茶ベースによくあって、個人的に非常にオススメのハーブティーとなります。リラックスしたいときに飲みます。

シンビーノ ジャワティーストレート レッド(大塚食品)

大塚食品 シンビーノジャワティーの公式サイトより。発売当初より渋みが抑えられて飲みやすくなった。是非、味の記憶がある人は比べて欲しい

大塚食品 シンビーノジャワティーの公式サイトより。発売当初より渋みが抑えられて飲みやすくなった。是非、味の記憶がある人は比べて欲しい

ジャワティーストレートは、インドネシア ジャワ島産の茶葉を100%使用した無糖・無添加(香料、着色料不使用)のストレートティです。紅茶と緑茶の中間のような味わいながらクセがなく食事との相性も抜群。販売終了になったかと思うくらいマイナーながら40年近くマイナーながらも愛されています。

ジャワティーストレートは、たまにポカリスエットやオロナミンCなどと一緒に大塚食品の自動販売機で売られていますが、店舗ではあまり見かけないジャワティーストレートです。発売開始は1989年で、当初はビンで売られていたことを知っている人はオニオン座と同世代認定です。

シンビーノ ジャワティーストレート ホワイト(大塚食品)

ジャワティホワイトの公式サイトより。わりとマイナーだし、パンチはないけどハマる味。たまにどうしても飲みたくなって箱買いする。

ジャワティホワイトの公式サイトより。わりとマイナーだし、パンチはないけどハマる味。たまにどうしても飲みたくなって箱買いする。

ホワイトがレッドと比べると後発ながらも、やはり長く細くではありますが一部の方に人気を得ているお茶です。レッドと同様にジャワ島の茶葉を使用していますが、熟成度合いの低い微発酵茶となり、ある意味トロピカルな緑茶と言えます。

というのは、香りは控えめながらお茶の旨味があり、一般的な緑茶と比べてタンニンの苦味えぐ味が抑えられているからです。こちらもレッドと同様にクセがないため料理とも合わせやすいと思います。

最近のオニオン座としては、レッドよりもホワイトのほうが購入頻度は高いような気がしています。

 

まとめ

ジャワティーストレートの公式サイトより。リリースから長いが、今風に味を調整し続けている。

ジャワティーストレートの公式サイトより。リリースから長いが、今風に味を調整し続けている。

大手飲料メーカーの有名なお茶で満足できない人のために、オニオン座も愛用している比較的珍しい500mlペットボトルのお茶を4種類ご紹介しました。

成城石井やナチュラルローソン、カルディーなどの食品セレクトショップにそれらがもし陳列されていたとしても概ね定価となるため、一般的な「おーいお茶」などと比べると高価でした。差額はわずかでも毎日飲むものとするとね。。

ところが、普通にネットショップでもこれらのレアで美味しいお茶が送料無料で買えることから、お茶飲料の買い方も変わってきているようです。是非お試しください。

 

以上、オニオン座ブログが御紹介しました。最期までご覧下さりありがとうございました。

タイトルとURLをコピーしました