日本にもあった!北海道小樽市にある「青の洞窟」へクルージングツアーしてみた結果

2016/12/27

20160809_img_7331_th

北海道旅行をしてきたわけですが、小樽行ったらお寿司だよねスイーツだよねとなるのですがそれだけでは面白くないのです。なにかアクティビティ的な観光をしてみたいなあと思った矢先、うちの優秀な情報部隊(嫁)が教えてくれました。北海道にある「青の洞窟」へ行こうって。

こんにちは、ぶんちょう(@onion_za)です。そういうわけで北海道の小樽に来てみました。

 

日本にもあった!北海道小樽市にある「青の洞窟」へクルージングツアーしてみた結果

「青の洞窟」といえばイタリアだかどっかにある海の鍾乳洞みたいなとこだっけな?北海道にもあるんかい?ピンとこなかったのでググってみました。

どうやら小樽の近くに「青の洞窟」と言われている場所があるらしいのは分かりました。北海道観光のサイトを見てみると、船で行くかダイビングかつシュノーケリングで泳いでいくかなんて色々とコースがあるようです。

犬かき程度しか泳げない私としては船で行くという選択をしました。

で、さらにグーグル先生に聞いてみると、小樽の「青の洞窟」を巡るクルージングツアーは複数あるようで各社とも料金と所要時間も様々です。分かったのは一人あたり5,000円前後かかるんだなあくらい。

そんで辿り着いたのが有限会社 北欧産業が運営しているサイトでした。

otaru_ao-no-doukutsu

以下のように1日に4便出航しているようです。

*朝便 9:00~10:30
*昼便 12:00~13:30
*午後便 15:00~16:30
*夜便 17:00~18:30

料金は大人5,000円、子ども3,000円(3歳~小学生)です。

しかし気になる記載があります。「※荒天により中止の場合、下記の港アトラクションコースとなります。」とのこと。当日の天気予報は晴れだから大丈夫でしょ?と華麗にスルー(だがイヤな予感はした)。

ネット予約ができるようで希望する日付の午後便を伝えたところ満席だったため朝便になりました。朝早いのイヤだけどいいや。

そんなわけで8月某日の朝便で予約完了!


当日。小樽市観光運河プラザ案内所の先にあるということで歩いていると「青の洞窟」のノボリが並んでいます。

20160809_img_7322_th

やっと到着。「小樽クルージング」の看板のある掘っ立て小屋のようなところに来ました。

20160809_img_7323_th

けして広くはない店内に入ってみると観光客がたくさんいます。

20160809_img_7325_th

ふとテーブルに目を向けたら置いてあったスタンド。このふざけたガイジンが船長なのか。短い船旅とはいえ命を預けるには微妙なテイストです。

20160809_IMG_7326_th

予感は的中。この人「アレクセイ」でした。

20160809_IMG_7328_th

ブリーフィングという運行説明会となりましたが、アレクセイ船長はよくしゃべります。

「このパワーボートは前が浮いた状態で走りマス。前が浮きすぎると空に飛びマス。そしてワタシは船長からパイロットになりマス。HAHAHAここは笑うところデス。」

アンニュイなジョークの連発で、出航前から心地よい疲れを感じさせてもらいました。

20160809_IMG_7327_th

水しぶきがスゴいとのことでレインコートを無料にて貸してくれました。

20160809_IMG_7329_th

レインコートを着てみました。さあて頑張るぞ。

20160809_IMG_7334_th

パワーボートといえばやたらスピードが出る船で、よく海外ではスピードを出しすぎてひっくり返って首の骨を折ったりするやつですが大丈夫でしょうか。

20160809_IMG_7332_th

そんな心配をよそに時間になったので乗り込みます。

20160809_IMG_7335_th

アレクセイ船長は操舵を時折しながらガイドしてくれます。

20160809_IMG_7336_th

ひとしきりしゃべり終わると人が変わったようにパワーボートをヴァンヴァン加速しながら意味不明な蛇行をして僕らを楽しませて、またしゃべり出すのループに入りました。

20160809_IMG_7340_th

もういいよ早く着いてくれ。

20160809_IMG_7344_th

なんと突然!アレクセイ船長は「今日は波が高くてアブナイデス。ワタシはあなたたちの命を預かってマス。これからアンゼンアンシンな港アトラクションコースになりマス。」などと言って、小樽港の湾内に戻ることになりました。

20160809_IMG_7338_th

確かに波が荒いのは素人からも分かりましたので仕方ありません。

めっちゃ早いパワーボートで小樽運河に入ります。F1カーで小学校の校庭を走るような違和感がありますが。

20160809_IMG_7353_th

旧倉庫とか。

20160809_img_7347_th

橋の下に鳩の巣がめちゃめちゃあるとことか。

20160809_img_7349_th

まったりのんびり小樽運河の旅となったとさ。

20160809_img_7357_th

 

まとめ

20160809_img_7330_th

図らずも北海道版「青の洞窟」クルーズが小樽運河クルーズとなってしまいました。尻切れトンボな記事ですみません。。

港アトラクションコースとなったので一人あたり1,000円返金してくれたのですが、そんなのいらないから青の洞窟が見たかった。嫁と娘はまた小樽に行きたいと言ってくれているので、いつになるか分かりませんが必ずリベンジしたいと思います。

by カエレバ

 

 

お出かけデータ

アクセス地図

住所:北海道小樽市港町4-5 有限会社 北欧産業
TEL:0134-32-3911

公式サイト

http://hokuo-marine.com/

 

 

以上、最後までご覧下さり誠にありがとうございます。ほかにもお出かけ記事がたくさんありますので、どうぞごゆっくり!

-お出かけ・家族旅行