新登場 Fire TV Stick 4K Maxの発売で、買い換えがオススメな旧モデルユーザーはどんな人なのか調べてみた

Amazonサービス

2021年10月7日に発売予定の「Fire TV Stick 4K Max」が早くもアマゾンで予約販売を始めました。オニオン座も予約申込みをしました。

我が家では旧モデルに相当する「Fire TV Stick 4K」をバリバリ現役で使っていて、4Kではない「Fire TV Stick(通称 Fire TV Stick無印)」もたまに使用しています。

「Fire TV Stick 4K Max」は、ファイアーTVスティックシリーズをお持ちでない方は間違いなく「買い」なのですが、旧モデルユーザーにとって「Fire TV Stick 4K Max」の登場により何が変わるのか、そして買い換えた方がいいのか確認しました。

新登場 Fire TV Stick 4K Maxの発売で、買い換えがオススメな旧モデルユーザーはどんな人なのか調べてみた

Fire TV Stick(ファイアーTVスティック)とは

この記事では、Fire TV Stickの最新作「Fire TV Stick 4K Max」についてご説明をしますが、初めてFire TV Stickシリーズを知った方へ簡単におさらいします。

Fire TV Stickは、AndroidOSの従兄弟にあたるFireOSを搭載したスティック型コンピュータで、動画や音楽の配信サービスが手軽に使えるストリーミングメディアプレイヤーとよばれています。家庭の大型テレビやPC用モニターディスプレイにあるHDMIポートに刺して利用します。

インターネットとの通信はWi-Fiで行いますが、イーサネットLANアダプターを別途用意して有線LANで使うことも出来ます。

Fire TV Stickは、コンピュータというより画面のないスマホのようなもので、スマホと同様にアプリをインストールすることで、有料無料の動画配信サービスや音楽配信サービス、ゲーム、インターネットなどを楽しむことが出来ます。

Fire TV Stickは、アマゾンの有料会員制度である「アマゾンプライム会員」にならなくても使用可能です。ただし無料のアマゾンアカウントを取得する必要があります。家電量販店ではなくアマゾンからFire TV Stickを買うとアマゾンアカウントを登録済みの状態で家に届くので初期セットアップがすごく簡単です。

アマゾンプライム会員なら、アマゾンミュージックやアマゾンプライムビデオなどがそのまま使えますが、そうでなくてもTVerでテレビ番組を楽しんだり、NetFlix(別途契約は必要)を楽しんだりすることができます。パソコンをテレビにつなげるよりも、リモコン一つでこうしたサービスを手軽に楽しめます。

 

【結論】Fire TV Stick 4Kユーザーは、Fire TV Stick 4K Maxへ買い換える必要はない。

結論から言います。

すでにFire TV Stick 4Kを使っている方は、新しいからといってFire TV Stick 4K Maxへわざわざ買い換える必要は特にありません。

むしろ値崩れしてきたFire TV Stick 4Kを買うのがオニオン座的にはオススメです。Maxは4Kの後継機種にあたることから、4Kが型落ち扱いとなるため既に投げ売りが始まっているからです。

なぜそう断言できるかというと、Fire TV Stick 4KとFire TV Stick 4K Maxの違いを見れば理由は明らかです。
ややこしい理屈はなるべく無しで、簡単に違いを言うと・・・

1.Wi-Fi 6 に対応した

【旧モデルとの比較】
・従来のFire TV Stick 4KはWi-Fi 5(IEEE802.11a/b/g/n/ac対応)だが、Fire TV Stick 4K MaxはWi-Fi 6 (IEEE802.11a/b/g/n/ac/ax対応)。

【オニオン座の見解】
・仮に同機で可能なフルスペックの4K動画を再生したとしても、802.11axの早い通信速度や低遅延といった機能は不要。
・なぜなら、最もシンプルなアンテナ1本ですら867Mbps(秒間100MB以上)出せるWi-Fi5(IEEE802.11ac)があれば帯域的に動画ストリーミングは充分。
・つまり、Wi-Fi 6は完全にオーバースペックである。
・Fire TV Stickでゲームをサクサク楽しみたい人は、Fire TV Stick 4K Maxはアリだが、そうでない人はどっちでもいいんじゃね?

2.CPUがパワーアップした(従来比 40%アップ)

【旧モデルとの比較】
・従来のFire TV Stick 4Kは1.7GHzだが、Fire TV Stick 4K Maxは1.8GHzとのこと。

【オニオン座の見解】
・Fire TV Stick無印からFire TV Stick 4Kへ変えたときの処理速度向上は確実に体感できたけど、Fire TV Stick 4KからMaxに変えても意味のある体感があるかは微妙。オニオン座的には、動画や音楽を楽しむくらいなら、4K以上の処理能力(=レスポンス向上)はいらない
・Fire TV Stickでゲームをサクサク楽しみたい人は、Fire TV Stick 4K Maxはアリだが、そうでない人はどっちでもいいんじゃね?(本日2度目)

3.HDR10+とコーデックAV1に対応した

【旧モデルとの比較】
・各商品ページによると、以下の通り対応する動画や音声のコーデックなどはほぼ変わりません。ただしMaxのほうのみ「HDR10+」「AV1」と書かれています

【オニオン座の見解】
ぶっちゃけどうでもいいHDR10+の動画ソースなんて滅多にないし、AV1なんてフォーマットは普及しない。例えば家庭用ビデオカメラなどがHDR10+やAV1の記録方式に対応したり、大手動画配信サービスがこれらに対応するなら必要だけど、どちゃくそマニアックなフォーマットなのでガン無視推奨。

【各商品ページの仕様より抜粋した動画等の対応フォーマット】

[st-mybox title=”” webicon=”” color=”#757575″ bordercolor=”#f3f3f3″ bgcolor=”#f3f3f3″ borderwidth=”0″ borderradius=”5″ titleweight=”bold” fontsize=”” myclass=”st-mybox-class” margin=”25px 0 25px 0″]

<Fire TV Stick 4K Max>ビデオ: Dolby Vision、HDR10、HDR10+、HLG、H.265、H.264、VP9、AV1 オーディオ: AAC-LC、AC3、eAC3 (ドルビーデジタルプラス)、FLAC、MP3、PCM/Wave、Vorbis、Dolby Atmos (EC3_JOC) 写真: JPEG、PNG、GIF、BMP

<Fire TV Stick 4K>ビデオ: Dolby Vision、HDR10、HLG、H.265、H.264、VP9  オーディオ: AAC-LC、AC3、eAC3 (ドルビーデジタルプラス)、FLAC、MP3、PCM/Wave、Vorbis、Dolby Atmos(EC3_JOC)  写真: JPEG、PNG、GIF、BMP

[/st-mybox]

HDR10+とは・・・ロイヤリティフリー(管理費はかかる)で、オープンなHDR用ダイナミックメタデータ技術規格。ドルビービジョンよりは敷居が低いので普及するのではと言われているがHDR10ですら微妙なのでもっと微妙。安い4Kテレビではそもそも対応していないものが多い。

AV1とは・・・2020年頃実用化された動画向けの高圧縮フォーマット。普及率はすごく低い(はず)。H.264と比べ最大50%、VP9と比べ最大20%という高い圧縮率。11世代のIntel Coreチップでハードウェアデコードが実装されていて、Windows10でも最近のリリースで標準対応と、将来性はある(のか?)。良いとこずくめのくせに全く日の目を見ないところを見るとこいつも廃れるフォーマットなのかと。

詳しくは下記リンクにてご確認ください。

 

まとめ

Fire TV Stick 4Kシリーズの最新版「Fire TV Stick 4K Max」が登場します。オニオン座も購入予約はしたものの、今さらながらスペックから旧モデルや2Kモデルと比較してみました。
※購入済みなので後日レビュー記事を掲載します。

Fire TV Stick 4K Maxは、Fire TV Stick 4Kと変わり映えしない

つまり、わざわざ買い換える必要は特にない、ということが分かりました。

IT初心者に「Wi-Fi 6に対応したよ!すごいよ!」とアピールしているかどうかは知りませんが、ITインフラのプロから言わせれば、「動画再生ドングルごときがWi-Fi 6に対応したって意味が無いよ」と言いたいです。

つまり、現在Fire TV Stick無印(4K非対応)をお使いの方は、Fire TV Stick 4K Maxは買うべし。操作時のモタモタがなくなり快適になります。対応フォーマットもかなり増えるし、そろそろ4K動画も増えてきましたからね。

現在Fire TV Stick 4Kをお使いの方は、ムリして買い換える必要はナシ。そりゃMaxの方が処理速度が上がって操作感はいいかもですが、動画&音楽専用機として使っているようなご家庭では使用感は変わりません。対応フォーマット追加だって無視できるレベル。

ただし、Fire TV Stick 4Kをめっちゃ使いこなしてて、ゲームやネットサーフィンを多用していて、写真管理やファイラーをガツガツ使うような人は、少しでも処理速度が速いに越したことはないのでFire TV Stick 4K Maxへ買い換えるべきです。

当記事を執筆時点、Fire TV Stick 4K Maxの価格は、Fire TV Stick 4Kと同じ6,980円です。きっとセール期間以外は固定の定価がこれです。つまり処理速度は上がったけど、値上がりはしてないとも言えます。なので、ゲームもせず動画&音楽専用機として使っているオニオン座としては、Maxを予約してしまいました。到着しましたらレビュー記事を書きますね。

逆に言うと、Fire TV Stick 4Kが旧モデルになることから、ちょいちょい値下げしていますから、こっちを買うのがコスパが良いと思います。

 

以上、最後までご覧下さり誠にありがとうございました。

タイトルとURLをコピーしました