なぜ価格が倍も違うの?格安レンタカーと普通のレンタカーの違いを比較してみた

2017/11/08

都内に住んでいるとクルマを買ってしまうよりも、旅行などのお出かけの際にレンタカーを借りるご家庭も多いのではないでしょうか。まあうちもそうなんですけどね。

幸いなことに近所にはニッポンレンタカーとトヨタレンタカーがあるので不便はしていないのですが、ガソリンスタンドとかでやってる格安レンタカーが気になっていました。

なぜ価格が倍も違うの?格安レンタカーと普通のレンタカーの違いを比較してみた

価格の違いは原価にあった

ニッポンレンタカーやトヨタレンタカーのような一般的なレンタカー屋さんだと、1300CCクラスを1日24時間借りてだいたい8,000円前後でしょうか。

レンタカーを借りる費用は、玉子の値段と同じでずいぶん昔からほとんど上がっていないような気もしますが、ニコニコレンタカーのような格安レンタカーだと1日24時間4,000円以内で借りれるようです。

冷静に考えて倍以上の値段の差があるわけですが、なぜここまで違うのか。レンタカーといえども運転中は命を預けるのですから安心して使えなければ意味がありません。ちょっと気になって調べてみました。

一般的なレンタカー屋さんは自動車メーカーと交渉して大量に新車の自動車を購入し、レンタカーとして使っています。さらに北海道のレンタカーに関しては需要のある夏にレンタカーを大量導入して、需要のない冬には中古車として売ってしまうことで稼働率を上げ、収益を得ているともいわれています。

一方、格安レンタカー屋さんは中古自動車を仕入れて整備し、レンタカーとして使っています。走行距離が多い中古車や不人気の中古車などをレンタカーとして生まれ変わらせることで仕入れ費用を抑えています。

そのため格安レンタカー屋さんでは、クルマを借りるときに車種指定が出来ずクラス指定のみであることが多いようです。

そりゃそうですよね。新車なら200万円近くするものが、中古車なら数十万で仕入れられるわけですからレンタカー費用に差がつくのもうなずけます。

まあ車種にこだわらず、乗車人数とだいたいの排気量パワーが指定できればいい、という方には何も問題ありませんよね。

ただし一般的なレンタカー屋さんでは無料のはずのETCやカーナビが、格安レンタカー屋さんでは別料金オプションであることがありますので、そこは事前に確認したほうがよさそうです。

また格安レンタカー屋さんの特徴としていえるのが「兼業」です。ガソリンスタンドや整備工場などが格安レンタカー屋さんの看板を出してレンタカーを貸しています。

クルマの扱いができる従業員の空き時間を使ってレンタカーを整備し、もともと備えている自動車整備機器や洗車機等を使ってメンテナンスを行っているので、彼らにとって格安レンタカーを運営するのに追加費用がかからないのもポイントです。

 

格安レンタカー屋さんのサービスは大丈夫か?

まあわかった。ガソリンスタンドや整備工場が原価をかけずに運営しているから料金が安いんだなと。だけどサービス品質はどうなの?トラブルがあったら大丈夫?って気になりますね。言っちゃ悪いけどガソリンスタンドとかって元気はいいけどきめ細やかなサービスなんかできんの?って思いました。

そこはフランチャイズチェーンでカバーされているようです。例えばニコニコレンタカーの場合は本部へ加盟金を払い、運用ノウハウや営業ツールを入手してFC加盟店として開業しているので問題なさそうです。

ちなみに格安レンタカー屋さんでクルマを借りる方法は、一般的なレンタカー屋さんと同じで運転する人が免許証を持参して手続きすればOK。

ただし格安レンタカー屋さんの場合は年齢や免許取得日数が基準に満たない場合、事故の際の免責保障が申し込めないなどの制限があるようです。詳しくは店舗やネットで確認したほうがよさそうです。

 

まとめ

新車か中古車かの違いはあれど専門知識のあるスタッフが整備してレンタカーとして貸し出してくれるわけですから過剰な不安は不要なことがわかりました。

あと最近ではカーシェアなんかもあるのでそのうち調べてみたいと思います。

-お出かけ・家族旅行
-,