iPad-iPhone スマートフォン ナイスアイテム ライフハック

iPhone&Android対応で最小最軽量、大容量モバイルバッテリー「Anker PowerCore 10000」のレビューですよ

更新日:

先日、Amazonで長期に渡りモバイルバッテリーの売上げNO.1の「Anker PowerCore 10000」を購入しました。新しいiPadの充電に使うためです。もちろんiPhoneやAndroidスマホでも使います。

これまでたくさんのモバイルバッテリーを買ってきましたが、これがなかなか驚くほど良い製品でわりと感動したので開封の儀も含めレビューしたいと思います。

また、我が家のAnkerのモバイルバッテリーは3台目となりますので、過去に購入した同社製品と比較したいと思います。

iPhone&Android対応で世界最小最軽量、大容量モバイルバッテリー「Anker PowerCore 10000」のレビューですよ

Anker PowerCore 10000を購入した理由

「Anker PowerCore 10000」は2018年度Amazonランキング大賞(バッテリー・充電器 部門)のベストセラーNo.1受賞モデルです。

ベストセラーでありロングセラー商品なので、他のブログでもたくさん取り上げられているであろうに、なぜ今さらブログに書こうとしているのか。自分でもよく分かりません。でも「買って良かった」という気持ちを伝えたいと思ったわけです。

どうも、ぶんちょう(@onion_za)です。

まず、Anker PowerCore 10000を購入した背景からご説明します。

最近までは、AndroidスマホXperia XZ(SO-01J)を充電するために小型軽量のAnker Astro E1 5200mAh を持ち歩いていました。5200ミリアンペアアワー級といえばiPhoneやスマホに最適な容量で、Xperia XZのバッテリー容量は2900mAhのため1.5回くらい充電できたのです。iPhoneでも同じくらいですね。

ところがこの軽くて小さいモバイルバッテリーでは足りなくなってしまいました。

というのも、先日書いた人気記事「PUBGモバイルのせいで新型iPad miniが待ちきれなくてiPadを買ってしまったので開封レビューするよ」にもあるように、iPad9.7インチ(2018)Wi-Fiモデルを購入しました。外出先でもPUBGモバイルで遊べるようになったのです。ゲームが楽しくなると3,4時間ぶっ続けでやりたくなって電池がなくなるわけですが、iPadのバッテリー容量は8700mAhと大容量で、とてもAnker Astro E1では足りないわけです。

家には5年ほど前に購入して今でも家族旅行の際に携帯しているAnker Astro3E 10000mAh もあるのですが、こいつは普段からバッグに携帯するには大きくて重いんです。

そこで軽くて小さくて大容量のモバイルバッテリーってないんだっけ?と探しました。

安くて軽そうなバッテリーはいくつか見つかりましたが、無名メーカーのものを買って失敗したことがたくさんありましたので、ここはやっぱモバイルバッテリーの評判がすこぶる良いAnker製品かなと、Anker PowerCore 10000をポチりました。

 

世界最小最軽量、大容量モバイルバッテリー「Anker PowerCore 10000」開封の儀

いつものAmazon箱から出してみたAnker PowerCore 10000がこちら。配達ミスじゃねえのと思ったほど小さい。

ビニール袋から出したパッケージはこちらです。

いや、配達ミスじゃありませんね。間違いなくAnker PowerCore 10000です。だって、めっちゃ小さいんだもん。これで10000mAhのモバイルバッテリーなんだぜ?

パッケージを開けてみると、いつも通りオシャレ。AnkerはGoogleをスピンアウトした方が立ち上げたメーカーなんですよね。

商品内容は、モバイルバッテリー本体、携帯袋、充電用USBケーブル、ドキュメントです。

モバイルバッテリー本体を開けて取り出してみました。

充電用USBポートとバッテリーを充電するためのミニUSBポートのみ。一昔前の10000mAhバッテリーなんかは複数台同時に充電するのが当たり前でしたから2ポートありましたが、今どきは1ポートなんですね。

入力は5V=2A、出力(スマホなど充電)5V=2.4Aです。出力アンペアが2.4AあるのでiPhoneやスマホの高速充電もできるし、容量的にもiPadやAndroidタブレットへのフル充電が可能です。

いやしかし、うそ?ってほど小さくて軽い。

大きさはタバコの箱とほぼ同じ。いわゆるクレジットカードサイズです。世界最小というのはどうやら本当なんじゃないか。

 

Ankerの新旧モバイルバッテリーを比較

Anker PowerCore 10000をAnker Astro3E 10000mAh やAnker Astro E1 5200mAh と比較してみます。

これが2013年に購入したAstro3E 10000mAhです。すでに廃番商品となっています。このバッテリーだけ充電用USBポートが2つあって2台同時充電が可能です。これでも当時は画期的な小ささだったんですよ。

そして現行機種のAstro E1 5200mAhです。こいつは軽くて小さくてお気に入りでした。

まず大きさ。バッテリー容量が半分のAstro E1(真ん中)が最も小さいのは当然ですが、容量が同じAstro3E(左)とPowerCore 10000(右)を見比べてみるとまるで違うことが分かります。

PowerCore 10000とAstro3Eを重ねてみました。黒に黒だから見づらいかもしれませんが、PowerCore 10000の方が半分近くに見えます。厚みはPowerCore 10000の方がありますが誤差みたいなもんです。

それでは最も気になる重量差を確認します。まずは一番古いAstro3E 10000mAhから。実測で244グラムです。まあ大容量バッテリーならこれくらいが普通でしょう。

次に容量の少ないAstro E1 5200mAh です。容量が少ないとは言え、124グラムとかなり軽量です。

最後にPowerCore 10000です。なんと驚異の178グラム。Astro3E 10000mAhの72.9%の重量となります。Astro E1 5200mAhにわずか50グラム追加しただけで容量が倍になるということ。世界最軽量はダテじゃない!

表面の外装材質についても比較してみましょう。Astro3E 10000mAhとAnker Astro E1 5200mAhは光沢のある素材。それに対しPowerCore 10000は汚れや指紋、傷が目立ちにくいマット仕様になっています。

Ankerのモバイルバッテリーには基本的に全て収納袋が付属していますが、がさつな私はそんなもの使わずカバンにポイして使ってます。なので傷だらけになるのですがPowerCore 10000なら綺麗なまま使えそうです。

Anker PowerCore II 10000との違い

ちなみにAnker PowerCore 10000には後継機種があります。Anker PowerCore II 10000 です。

PowerCore 10000と PowerCore II 10000 の違いは次の通りです。

・PowerIQ 2.0に対応。バッテリー自体の充電や、iPhoneやスマホが最大1.8倍速い。
・Quick Charge対応。Quick Charge対応充電器を使えばバッテリー自体の充電が4時間で完了する。
・バッテリー残量ランプ改善。4段階からLED Wheelという8段階になった。
・15グラム重くなった。公称値PowerCore 10000は180グラム、PowerCore II 10000は195グラム
・値段が高くなった。PowerCore 10000は2,799円、PowerCore II 10000は3,699円(執筆時点。キャンペーン適用しない場合)

まあ値段が高くなったというのは多少語弊があって、後継機の方が高くなるのは当たり前ですな。

ポイントは、Quick Charge対応とは言いながら、スマホなどへの充電がクイックチャージ対応になったのではなく、バッテリー本体への充電が対応となったということ。ちなみにQuick Chargeとは、通常の5Vではなく、9Vなどの高電圧で充電を行う規格です。

寝るときに充電器につなげて朝にはフル充電してますから私には必要なかったです。またPowerCore 10000もPowerIQ 1.0に対応しているので、一般のUSB型スマホ充電器よりも早いのでこれ以上は求めてません。

以上から、小さくて軽くて安価で高品質なモバイルバッテリーが欲しいってだけなら、1,000円ほど安いPowerCore 10000で充分です。

まとめ

Anker PowerCore 10000を購入に至った経緯と、開封の儀、そしてAnker PowerCore 10000、Astro3E 10000mAh 、Anker Astro E1 5200mAh との大きさと重さを比較してみました。
価格や大きさ重さから、Astro E1 5200mAh は素晴らしいし、iPadやAndroidタブレットではなくiPhoneやスマホだけをお持ちの方には間違いなくオススメのバッテリーです。ネットショップとかで安いだけのバッテリーをいくつも買って失敗してきた私が言うのですから。

そしてiPadやAndroidタブレットをお持ちの方は、古いモバイルバッテリーがまだ使えるから、とは言わず、Anker PowerCore 10000を買って試してみて欲しいです。数年でここまでバッテリーは進化するのかと感動すら覚えること間違いありません。

iPadやAndroidタブレットなら1回フル充電、iPhoneXSやXRなど最新機種でも2回充電、ミドルクラスのスマホなら3,4回充電することが可能です。

ということで、ご紹介したモバイルバッテリーを振り返ってみます。まず今回購入したAnker PowerCore 10000 はこちら。楽天などでもAnkerDirectが販売しています。

いやいや、クイックチャージ対応充電器持ってるし、モバイルバッテリーの充電も早い方がいいんだぜという方は新型のPowerCore II 10000をどうぞ。

わたしはiPadもタブレットも使わないし、断然安くて軽くて小さいのが良いという方はAnker Astro E1 5200mAh をどうぞ。

 

 

以上、最後までご覧下さり誠にありがとうございました。

管理人のオススメ記事

1

気がついたらAmazonでの買い物が増えてきたので、なんとなくAmazonプライム、通称アマプラ会員になって早数年が経ちました。「外資のネットショップに会費払うのアホらしい」と思っていましたが、あらた ...

2

これまでイヤホンで音楽を聴くときにXperia XZかiPhone6sといったスマホ直刺しで聴いて満足していました。ところが最近流行りの中華イヤホンについてネットで調べていると、当然のように中華DAP ...

3

先日発表されたばかりのAmazonランキング大賞2018の中から、イヤホンの売上げランキングについてご紹介します。はたして、あなたがお持ちのイヤホンはランクインされているのでしょうか。 ネットショップ ...

-iPad-iPhone, スマートフォン, ナイスアイテム, ライフハック
-, , ,

Copyright© パパママ世代応援ブログ:オニオン座 , 2019 All Rights Reserved.